「パスタサ県」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
}}
 
'''パスタサ県'''(Provincia de Pastaza)は、東部アマゾン地帯に位置する[[エクアドル]]東部の[[エクアドルの行政区画|県]]。人口は83,933人(2010年現在)。県都は[[プーヨ (エクアドルパスタサ県)|プーヨ]]で、1899年5月12日に設立。この市には現在、舗装道路が開通しており、最近発展している。[[バーニョス]]から州への道は、パスタサ川に沿っている。
 
[[パスタサ]]川は西から県へ流れており、周囲が平坦になるに伴ってうねりながらアマゾン川の支流であるナポへと注ぐ。パスタサの自然な産物には、バナナ、グレープフルーツ、タバコ、ココア、コーヒーがある。茶は、いくつかの英国の会社によって首尾良く栽培されており、80年代中頃には、この会社のうちの1つが、イギリス王室のマーガレット王女によって訪問を受け、名誉となった。
11

回編集