「ラパッロ条約 (1920年)」の版間の差分

画像追加
(en:Treaty of Rapallo (1920) oldid=705055066 より一部訳、ほか出典追加あり)
(画像追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[File:Litorale 1.png|thumb|right|国境の変遷(1913年 - 1954年)。黄緑色、青緑色、黄色で示された範囲がラパッロ条約でイタリア領と認められた地域である]]
[[ファイル:Zara-Zadar-1920-1947.png|thumb|right|イタリア領ザーラの地図]]
'''ラパッロ条約'''(ラパッロじょうやく、{{lang-it|Trattato di Rapallo}})、または'''ラパロ条約'''(ラパロじょうやく)<ref name="Kotobank">{{Cite web|url=https://kotobank.jp/word/ラパロ条約|title=ラパロ条約|publisher=[[コトバンク]]|author=日本大百科全書|accessdate=2018年12月23日|ref={{SfnRef|kotobank-ラパロ条約}}}}</ref>は、[[1920年]][[11月12日]]<ref name="Hehn">[https://books.google.com/books?id=nOALhEZkYDkC&pg=PA45&dq=%22signed+a+treaty+on+November+12,+1920,+at+Rapallo&lr=&sig=ACfU3U1d_etPPJL-3k8nsYws4mfuun44sQ A Low Dishonest Decade by Paul N. Hehn; Chapter 2, Italy the Powers and Eastern Europe, 1918-1939. Mussolini, Prisoner of the Mediterranean]</ref>、[[イタリア王国]]とセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国(後の[[ユーゴスラビア|ユーゴスラヴィア]]、以下ユーゴスラヴィア)との間で[[イタリア]]・[[ジェノヴァ]]近郊の[[ラパッロ]]で調印された条約。イタリア代表は[[ジョヴァンニ・ジョリッティ|ジョリッティ]]首相、ユーゴスラヴィア代表はヴェスニッチ首相。