「関数型言語」の版間の差分

編集の要約なし
{{独自研究|date=2014年4月}}
{{プログラミング言語|index=かんすうかたけんこ}}
'''関数型プログラミング言語'''(かんすうがたげんご、{{lang-en-short|''functional programming language''}})は、関数型プログラミング言語とも)は、関数型の[[プログラミングを基本スタパラダルとするム|パラダイム]]を扱う[[プログラミング言語]]の総称である{{efn|{{lang-en-short|。本稿ではそのパラダイムについても説明する。'''純粋関数型'''(''purely functional'')と'''非純粋関数型'''(''impure programming language}}}}functional'')の二つに大別され、後者の方がはるかに一般的である。マルチパラダイム言語に組み込まれているものは例外なく非純粋である
 
'''関数'''とは与えられた入力値から任意の出力値を導き出す変換式を意味する。関数はそれ自体が値として扱われるので前述の入力値または出力値にする事もできる。関数を値として扱える関数の仕組みは[[高階関数]](''higher-order function'')、値そのものとして扱われる関数の仕組みは[[第一級関数]](''first-class function'')と呼ばれる。非純粋関数型はほとんどこの高階関数と第一級関数の構文仕様に着目したものと考えてよいが、純粋関数型はそこから更に大きなパラダイム上の違いがある。
 
== 関数型プログラミング ==
182

回編集