「社会主義」の版間の差分

m
m (音声読み上げ式ユーザーエージェントでの二重読み上げを避けるため、読み仮名部分を「読み仮名」テンプレートでマークアップ。)
 
== 用語 ==
「社会」の語源はラテン語の''{{lang-|la|socius}}''」(友人、[[同盟国]]などの意味)である。「社会主義」の語の最初の使用は諸説あるが、「[[自由、平等、友愛]]」の語を普及させた[[ピエール・ルルー]]が1832年に「''{{lang-|fr|personnalite}}''」(これはフランス語で、個人化、個別化、[[パーソナライズ]]などの意味)の対比語として記した「''{{lang-|fr|socialisme}}''」(これはフランス語で、直訳では「社会化する主義」、社会主義)が最初とも言われており<ref name="Oxford"/>、ルルーは[[1834年]]には「[[個人主義]]と社会主義」と題した文書を発行した。他には1827年の[[アンリ・ド・サン=シモン]]などの説があるが、いずれも[[フランス革命]]の流れの中で発生した。「社会主義」の語は、後の近代的な意味では色々な主張により使用された<ref name="Oxford"/>。このように歴史的には「社会主義」の語は主に、個人主義的な[[自由主義]]やそれを基本原理とした[[資本主義]]などの対比概念として使用されている。
 
== 概要 ==
3,840

回編集