「イルネリウス」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[ファイル:Luigi_Serra_-_Irnerio_che_glossa_le_antiche_leggi.jpg|右|サムネイル|299x299ピクセル|<center>イルネリウス</center>]]
 
'''イルネリウス'''(Irnerius({{lang-la-short|Irnerius}}、[[1055年]]? - [[1130年]]?)は、[[イタリア]][[ボローニャ]]の[[法学校]]で[[法学]]を講義した[[法学者]]で[[註釈学派]]の開祖。'''ヴェネリウス'''(Wenerius)({{lang-de-short|Wenerius}})という名前の[[ドイツ人]]であったとの説もあるが、はっきりしない。
 
== 人物 ==
もともとは[[リベラルアーツ|文芸]]教師であった。[[1112年]]~[[1125年]]までの14年近くの間に[[ハインリヒ5世 (神聖ローマ皇帝)|ハインリヒ5世]]に仕えたとされる。その後ボローニャの法学校で法学を講義する。法実務と切り離された[[学問]]としての[[法学]]を確立した人物である。当時法学は人の行動に関わることから[[倫理学]]の一分野であると理解されていたが、[[論理学]]の一分野であるとして、イタリアで再発見された学説彙纂の写本の難解な用語を[[スコラ学]]を応用して研究し、写本の行間に注釈を書いたり (<ref>{{lang-la-short|glossa interlinearis) }}</ref>、欄外に注釈を書いたり (<ref>{{lang-la-short|glossa marginalis) }}</ref>した。彼が研究をしていたボローニャに自然と学生が集まり、ギルドを作ったことが近代的な[[大学]](universitas)<ref>{{lang-la-short|universitas}}</ref>の発展に繋がっていった。弟子に、[[四博士]](quattor<ref>{{lang-la-short|quattor doctores)doctores}}</ref>と呼ばれる[[ブルガールス・デ・ブルガリニス]](Bulgarus<ref>{{lang-la-short|Bulgarus de Bulgarinis)Bulgarinis}}</ref>、[[マルティーヌス・ゴシア]](Martinus<ref>{{lang-la-short|Martinus Gosia)Gosia}}</ref>、[[ヤコブス]](Jacobus)<ref>{{lang-la-short|Jacobus}}</ref>、[[フーゴ]](Hugo)<ref>{{lang-la-short|Hugo}}</ref>がいる。後世「法の光」(<ref>{{lang-la-short|lucerna iuris)}}</ref>と呼ばれた。
 
== 参考文献 ==
*[[ピーター・スタイン]]著・[[屋敷二郎]]監訳『ローマ法とヨーロッパ』(ミネルヴァ書房)
*[[勝田有恒]]、[[山内進]]編著『近世・近代ヨーロッパの法学者たち―グラーティアヌスからカール・シュミットまで 』([[ミネルヴァ書房]]、2008年)
 
==脚注==
{{div col|cols=8}}
<references/>
{{div col end}}
 
{{DEFAULTSORT:いるねりうす}}
3,840

回編集