「リベラル・アーツ」の版間の差分

近年の日本で生まれている独自のリベラル・アーツ教育。専門分野を持ちながらも、複数の学問分野を横断した教育が行われる。主に以下の2パターンに大別される。
 
* ;一つのテーマを複合的な学問的視点から考察する
*: [[環境政策学]]や[[人間科学]]など単一の学問分野では対応できないテーマを扱う場合が多い。 [[教養学部]]のほかに、[[慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス]] (SFC) をはじめとした[[総合政策学部]]・[[国際関係学部]]・[[外国語学部]]・[[観光学部]]・[[ゼロ免課程]]([[教育学部]])・[[危機管理学部]]などで行われている。
* ;一つの専門領域を深く学びつつ、それを支える複数の学問領域も学ぶ
*: 学部の専門教育と並行して、「リベラル・アーツ」プログラムが設置されているケース([[獨協大学]]<ref>[[外国語学部]]、[[経済学部]]、[[法学部]]</ref>、[[上智大学]]、[[東京女子大学]]の「全学共通カリキュラム」)。「副専攻制度・ダブルメジャー制度」などを採用しているケースも見られる([[早稲田大学]]、[[上智大学]]<ref>[[文学部|文学部横断プログラム]]、および[[外国語学部]]</ref>、[[国際基督教大学]]、[[獨協大学]]<ref>[[国際教養学部]]</ref>など)。
 
=== 歴史 ===
3,840

回編集