「教養主義」の版間の差分

m
→‎六つの教養主義: 外語部分を言語マークアップ
m (→‎六つの教養主義: 外語部分を言語マークアップ)
教養主義には、これら6つの教養をそれぞれ第一と考える6つの考え方がある。このうち、A1の習得を第一とする立場は「あれもこれもと[[学問]]、[[芸術]]、生活知識などを漁る生き方」であり、いわば「俗界教養主義」と言うべきものである。A2の習得を第一とする立場は「[[リベラル・アーツ]]主義」とも言うべきものである。この場合はB1をも尊重することにつながりやすい。
 
B1の習得を第一とする立場は[[人文主義]] (<ref>{{lang-en-short|humanism) }}</ref>であり、[[科学主義]] (<ref>{{lang-en-short|scientism) }}</ref>とは対照的立場にある。この場合、学問を第一とすれば、それは[[主知主義]] (<ref>{{lang-en-short|intellectualism) }}</ref>であり、学問主義(的生活)であり、芸術主義(的生活)や宗教主義(的生活)とは対照的である。B2の習得を第一とする立場は[[人格主義]] (<ref>{{lang-en-short|personalism) }}</ref>である。Bの2つの立場は「思想上の教養主義」であり、従来とかく問題となってきたのはこの教養主義である。Bの2つの思想は哲学的には[[理想主義 (アイディアリズム)]] (<ref>{{lang-en-short|idealism)}}</ref>、人格主義の立場とつながっていて、哲学を重視する立場でもある。C群の主張は最近出てきたものである。
 
==西洋の教養主義==
3,840

回編集