「阪急百貨店うめだ本店」の版間の差分

編集の要約なし
m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
|名称 = 阪急百貨店うめだ本店
|画像 = Umeda Hankyu Department Store.JPG
|画像サイズ = 250px
|画像説明 = 阪急うめだ本店が入居する梅田阪急ビル。
|地図 = {{Infobox mapframe|zoom=13|frame-width=288|type=point|coord={{coord|34|42|8.2|N|135|29|55.7|E}}}}
|正式名称 = 株式会社阪急阪神百貨店阪急百貨店うめだ本店
|建物名称 = [[梅田阪急ビル]]
|最寄駅 = [[阪急電鉄|阪急]][[大阪梅田駅 (阪急)|大阪梅田駅]]・[[阪神電気鉄道|阪神]][[大阪梅田駅 (阪神)|大阪梅田駅]]・[[大阪市高速電気軌道|Osaka Metro]][[梅田駅 (大阪市高速電気軌道)|梅田駅]]<br />[[西日本旅客鉄道|JR]][[大阪駅]]<br />Osaka Metro[[東梅田駅]]<ref name="hankyu-railways-release-2010-3-10" />
|最寄IC =
|位置 = {{ウィキ座標度分秒coord|34|42|8.2|N|135|29|55.7|E|region:JP|name=阪急阪神百貨店阪急百貨店うめだ本店}}
|所在地郵便番号 =
|所在地 = [[大阪府]][[大阪市]][[北区 (大阪市)|北区]][[角田町 (大阪市)|角田町]]8番1号<ref name="hankyu-railways-release-2010-3-10">{{Cite report |date=2010-3-10 |title= 梅田阪急ビル建て替えプロジェクト「梅田阪急ビル オフィスタワー」が竣工します |publisher= 阪急電鉄 }}</ref>
 
== 概要 ==
年間売上高2,403億円(2018年、対前年比+9.0%)であり、店舗別売上高において伊勢丹新宿店に次いで日本2位<ref>{{Cite web|title=【最新版】2018年 全国百貨店 店舗別 売上高ランキング!|url=http://motokadenchan.seesaa.net/article/461110376.html|website=激安!元家電量販店員が語る業界裏事情!|accessdate=2019-10-14|language=ja}}</ref>。関西及び西日本で最大の売上げを誇る。ファッションやコスメ・ビューティー関連の商品力においては関西随一と言われ、「'''東の[[伊勢丹#直営店舗|新宿伊勢丹]]・西のうめだ阪急'''」と呼ばれるほど(一時期、[[伊勢丹]]と阪急百貨店は業務提携をしていたが、現在は提携を解消した)、女性ファッションの流行発信基地として幅広い年齢層の女性に人気の高い店舗である。関西において高い知名度とブランド力をもつ店舗である。
 
[[阪急電鉄]][[大阪梅田駅 (阪急)|大阪梅田駅]]南側直結の[[梅田阪急ビル]]に入居する'''[[#本館|本館]]'''と、[[HEP#HEP NAVIO|HEP NAVIO]]に入居する'''[[#阪急メンズ大阪|阪急メンズ大阪]]'''(旧:阪急百貨店メンズ館)<ref name="yomiuri-np-2009-2-17">{{Cite news | author =岸本英樹 | title = 阪急メンズ館、1年目順調 新鮮さ維持がカギ | newspaper = [[読売新聞]] | publisher = 読売新聞社 | date = 2009-2-17 }}</ref>で構成される。かつてはスポーツ用品や子供服などを扱う'''[[#イングス館|阪急イングス館]]'''(旧:阪急イングス)も存在したが、[[2012年]]10月25日に子供服・玩具売場が新本館11階に移転し<ref name="sankei-np-2012-11-19">{{Cite news | title = 惜しまれつつ…阪急イングス館が閉館 本館に移転 | newspaper = [[産経新聞]] | publisher = 産経新聞社 | date = 2012-11-19 }}</ref>、同年11月21日の新本館全面開業<ref name="mainichi-np-2012-11-21">{{Cite news | author = 南敦子 | title = <阪急百貨店>梅田本店が全館オープン | newspaper = [[毎日新聞]] | publisher = 毎日新聞社 | date = 2012-11-21 }}</ref>時に新本館の8階に'''スポーツファッション「イングス」'''として開業<ref name="sankei-np-2012-11-19" />。阪急イングス館は、開業に先立つ11月18日に閉鎖された<ref name="sankei-np-2012-11-19" />。
[[1920年]](大正9年)11月1日に5階建ての阪急梅田ビル1階に[[白木屋 (デパート)|白木屋]](店舗は現存しない。法人としては現在の東急百貨店)を招致して<ref name="hankyu-railways-75-1982">{{Cite book | 和書 | title = 75年の歩み | publisher = 阪急電鉄 | year = 1982}}</ref>'''白木屋梅田出張店'''として営業させたのが始まりであった<ref name="hankyu-department-store-history-25-1976-9">{{Cite book | 和書 | title = 株式会社阪急百貨店25年史 | publisher = 阪急百貨店 | date = 1976-9}}</ref>。
 
梅田駅ビルを地上8階地下2階に全面改築して大幅に拡張し<ref name="sankei-np-1999-10-10">{{Cite news | title = 【大阪の20世紀】(24)小林一三  宝塚歌劇、沿線開発型鉄道…“夢”咲かせ続けた経営者 | newspaper = [[産経新聞]] | publisher = 産経新聞社 | date = 1999-10-10 }}</ref>、敷地面積328坪で延べ床面積3,280坪<ref name="taniuchi-ikoma-2009-7-31">{{Cite journal | author =谷内正往 | title = 戦前のターミナル・デパート-大鉄百貨店の創立 | journal = 生駒経済論叢 第7巻第1号 | publisher = [[近畿大学]] 経済学会 | date = 2009-7-31 }}</ref>、[[1929年]](昭和4年)4月15日に鉄道会社直営=電鉄系百貨店として開業した、世界初のターミナル百貨店である<ref name="hankyu-railways-75-1982" /><ref name="hankyu-department-store-history-50-1998-4">{{Cite book | 和書 | author = 50年史編集委員会 | title = 株式会社阪急百貨店50年史 | publisher = 阪急百貨店 | date = 1998-4}}</ref>。
 
開業直前の[[1929年]](昭和4年)4月13日・14日掲載の開店新聞広告に「どこよりもよい品物を、どこよりも安く売りたい」とのコピーを入れた<ref name="hankyu-department-store-history-25-1976-9" />ように、開業当初は大衆向けの路線を採った<ref name="yamamoto-core-ethics-6-2010">{{Cite journal | author =山本真紗子 | title = 阪急百貨店美術部と新たな美術愛好者層の開拓 | journal = コア・エシックス Vol.6 | publisher = [[立命館大学]]大学院先端総合学術研究科 | year = 2010}}</ref>。開業当初、1日平均約2万円だった売上は<ref name="taniuchi-ikoma-2009-7-31" />、[[1931年]](昭和6年)11月に敷地面積628坪で延べ床面積6,191坪として1日平均3.1万円の売上を上げ<ref name="taniuchi-ikoma-2009-7-31" />、[[1932年]](昭和7年)12月に延べ床面積12,000坪で1日平均5万円の売上<ref name="taniuchi-ikoma-2009-7-31" />へと阪急梅田ビルの増築工事を完成させて増床を行い<ref name="hankyu-railways-75-1982" />、大衆路線が受けたことと合せて売上を順調に伸ばした<ref name="yamamoto-core-ethics-6-2010" />。[[1936年]](昭和11年)には、阪急梅田ビルの第4期増築工事が完成して<ref name="kurimoto-2002-3">{{Cite journal | author =栗本智代 | title = 大阪再発見VOL2 大阪ターミナルものがたり 梅田と駅のアイデンティティ | journal = 季刊誌CEL 60号 | publisher = [[大阪ガスエネルギー・文化研究所]] | issue = 2002-3}}</ref>売り場面積は53,435m<sup>2</sup>にまで拡大した<ref name="taniuchi-2012-1-1">{{Cite journal | author =谷内正往 | title = 戦前、 阪神の百貨店構想 ‐大阪駅前の土地争いを中心として | journal = 梅信 No.568 | publisher = [[近畿大学]] 通信教育部 | issue = 2012-1-1}}</ref>など、急速に売上を伸ばした。
2012年(平成24年)11月21日の新店舗の全面開業<ref name="mainichi-np-2012-11-21" />後は「'''暮らしの劇場'''」をコンセプトに<ref name="nissyoku-2012-4-23">{{Cite news | title = 阪急うめだ本店、11月下旬オープン 初年度1900億円目標 | newspaper = [[日本食糧新聞]] | publisher = 日本食糧新聞社 | date = 2012-4-23 }}</ref>、エンターテインメントや期間限定のマーケットの場となる9階には12階まで4層吹き抜けで壁面に映像アートを発信する大型ビジョンを設置する高さ16メートルの情報発信空間'''祝祭広場'''や座席数408席の'''阪急うめだホール'''<ref name="osaka-daily-np-2012-4-18">{{Cite news | title = “劇場型”の百貨店 阪急うめだ本店11月全面開業 | newspaper = [[大阪日日新聞]] | publisher = 新日本海新聞社 | date = 2012-4-18 }}</ref>、600m<sup>2</sup>の'''阪急うめだギャラリー'''<ref name="osaka-daily-np-2012-4-18" />、関西発の新人アーティストを紹介する'''アートステージ'''<ref name="osaka-daily-np-2012-4-18" />、各売場に設けられた顧客参加型のイベント広場で調理教室や食育、着こなしやコーディネートの講座など取扱商品に関連するイベントを開いて生活シーンや使用価値を提案する'''コトコトステージ'''<ref name="nikkei-mj-2011-3-4">{{Cite news | title = 博多阪急、駅ビルに開業、絶好立地、奇策で挑む、高級婦人服・外商なし | newspaper = [[日経MJ]] | publisher = 日本経済新聞社 | date = 2011-3-4 }}</ref>を各フロアに設置する<ref name="h2o-retailing-shareholders-news-2012-6">{{Cite report |date=2012-6 |title= 株主通信 |publisher= エイチ・ツー・オー リテイリング }}</ref>など売場面積80,000m<sup>2</sup><ref name="nikkei-2012-4-18">{{Cite news | title = 阪急本店、11月増床開業、大阪・梅田、年商2100億円めざす | newspaper = [[日本経済新聞]] | publisher = 日本経済新聞社 | date = 2012-4-18 }}</ref>の20%に当たる16,000m<sup>2</sup>を情報発信・サービス空間とし<ref name="nissyoku-2012-4-23" />、「驚きや発見、学び、感動、憧れが詰まっていたかつての百貨店の楽しさを取り戻した」<ref name="osaka-daily-np-2012-4-18" />価格競争でなく文化価値を提供する劇場型百貨店<ref name="nissyoku-2012-4-23" />で「百貨店の原点である価値の提供」をする店舗にして国内最大級の初年度売上高2130億円を目指すとしている<ref name="nikkei-2012-4-18" />。
 
また、13階のレストランフロアの「シャンデリアテーブル」には、建て替え前の旧阪急梅田駅コンコースに飾られていた<ref name="sankei-np-2012-10-20">{{Cite news | author = 松村信仁 | title = ビジネスの裏側 百貨店業界に神風?それとも共倒れ?新生・阪急梅田本店のスゴさと懸念 | newspaper = [[産経新聞]] | publisher = 産経新聞社 | date = 2012-10-20 }}</ref>[[伊東忠太]]がデザインした龍と天馬、獅子と鳳凰を描いたモザイク壁画<ref name="asahi-np-2012-3-25">{{Cite news | title = 阪急梅田の壁画、復活  旧駅コンコースからレストランへ | newspaper = [[朝日新聞]] | publisher = 朝日新聞社 | date = 2012-3-25 }}</ref>が復元された<ref name="sankei-np-2012-10-20" /><ref>シャンデリアテーブルのインテリア(公式サイト)http://www.chandeliertable.com/interior/</ref>。
 
増床分の売場にはライバルの大丸の手法を参考に専門店の招致も進めた<ref name="nikkei-mj-2012-2-27">{{Cite news | title = Jフロント、パルコ買収、「奥田改革」最終章へ-弱さ知り「脱百貨店」加速 | newspaper = [[日経MJ]] | publisher = 日本経済新聞社 | date = 2012-2-27 }}</ref>ほか、大丸のうふふガールズや三越伊勢丹のイセタンガール、高島屋大阪店のgokai(ゴカイ)など競合他店で導入された若い女性向けのカジュアルファッションの売場を参考にして20歳前後の学生向けの「うめはんシスターズ」と20代の社会人の女性を対象にした「うめはんジェンヌ」を導入し、従来の主要顧客のは50-60歳代に加えて百貨店離れが進んでいるといわれる若い世代の取り込みも狙うなど地上13階から地下2階のうち6階分を女性向けの売場とした<ref name="sankei-np-2012-10-25-m">{{Cite news | title = 女性のための店作り極める 阪急梅田本店、25日先行開業 | newspaper = [[産経新聞]] | publisher = 産経新聞社 | date = 2012-10-25 }}</ref>。また、服飾売場に隣接して同じ階に化粧品や靴などの関連する商品の売り場を設置するなど従来の様な品目別のフロア構成に拘らない売場構成も行われている<ref name="sankei-np-2012-10-25-m" />。
[[2011年]](平成23年)に阪急阪神百貨店が店舗運営を3つの事業部に分けた際には当店は主力店を担当する第一店舗事業部の所属となり、販売部門と商品部門を分けて各々の責任を明確化する体制へ移行した<ref name="nikkei-mj-2011-4-11">{{Cite news | title = 阪急阪神百、店舗管理3分割、組織再編、郊外店テコ入れ急ぐ。 | newspaper = [[日経MJ]] | publisher = 日本経済新聞社 | date = 2011-4-11 }}</ref>。
 
なお、梅田阪急ビルは2022年に予定されている向かいの「'''大阪梅田ツインタワーズ・サウス'''」(阪神梅田本店が入っていた大阪神ビルディングの建て替え)の全体竣工と共に、ビルの名称を「'''大阪梅田ツインタワーズ・ノース'''」と変更する予定<ref>[http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/5864.pdf 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)  2018年4月27日(金)にⅠ期棟が竣工、6月1日(金)には阪神百貨店が部分開業  ~ビル名称を「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定] - 阪神電気鉄道・阪急電鉄・阪急阪神不動産 2018年4月9日(2018年4月9日閲覧)</ref>。
 
== 阪急メンズ大阪 ==
|画像 =HEP NAVIO.JPG
|画像説明 =
|地図 = {{Infobox mapframe|zoom=13|frame-width=288|type=point|coord={{coord|34|42|12.3|N|135|30|0.6|E}}}}
|正式名称 = 阪急阪神百貨店阪急メンズ大阪
|施設所有者 =
|最寄駅 = [[阪急電鉄|阪急]][[大阪梅田駅 (阪急)|梅田駅]]・[[阪神電気鉄道|阪神]][[大阪梅田駅 (阪神)|梅田駅]]・[[大阪市高速電気軌道|市営地下鉄]][[梅田駅 (大阪市高速電気軌道)|梅田駅]]<br />[[西日本旅客鉄道|JR]][[大阪駅]]<br />市営地下鉄[[東梅田駅]]<ref name="hankyu-railways-release-2010-3-10" />
|最寄IC =
|位置={{ウィキ座標度分秒coord|34|42|12.3|N|135|30|0.6|E|region:JP|name=阪急阪神百貨店・阪急メンズ大阪}}
|所在地郵便番号 = 530-0017
|所在地 = 大阪府大阪市北区角田町7-10
|画像 = Hankyu ings.JPG
|画像説明 =
|地図 = {{Infobox mapframe|zoom=13|frame-width=288|type=point|coord={{coord|34|42|17.2|N|135|29|58.5|E}}}}
|正式名称 = 阪急阪神百貨店阪急百貨店イングス館
|施設所有者 = エイアイジー・グローバル・リアルエステイト・インベストメント・ジャパン・コーポレーション<ref name="hankyu-department-store-annual-report-87-2006" />
|最寄駅 = [[阪急電鉄|阪急]][[大阪梅田駅 (阪急)|梅田駅]]・[[阪神電気鉄道|阪神]][[大阪梅田駅 (阪神)|梅田駅]]・[[大阪市高速電気軌道|市営地下鉄]][[梅田駅 (大阪市高速電気軌道)|梅田駅]]<br />[[西日本旅客鉄道|JR]][[大阪駅]]<br />市営地下鉄[[東梅田駅]]<ref name="hankyu-railways-release-2010-3-10" />
|最寄IC =
|位置 = {{ウィキ座標度分秒coord|34|42|17.2|N|135|29|58.5|E|region:JP|name=阪急阪神百貨店阪急百貨店イングス館}}
|所在地郵便番号 =
|所在地 =
87,905

回編集