「スーパーカセットビジョン」の版間の差分

そのため、ファミコンブーム(テレビゲームブーム)下でゲーム雑誌が乱立した時期にも関わらず、本機関連記事が取り上げられる雑誌は『[[ゲーマガ#Beep|Beep!]]』([[ソフトバンク]]刊)と『[[ゲームボーイ_(ゲーム雑誌)|ゲームボーイ]]』(マガジンボックス刊)の2誌のみだった。なお、『Beep』誌には特定店でリサーチした毎月のソフト売り上げランキングが毎号掲載されており、『ドラゴンボール ドラゴン大秘境』は発売後、ほぼ不動の一位を守り続けた。(ドラゴンボールがヒットしていたわけではなく他のソフトか殆ど売れていなかったのが実情)
 
本機のスペックは1984年当時のファミコン以外の競合機に比べればまだ順当な範疇ではあったが、いずれにせよファミコンが群を抜く高性能という状況には変わりなかった。結果的に本機はファミコンよりも1年ほど新しい機種でありながらファミコンよりも全体的な性能が低く(特にゲーム機としての重要な機能であるBG画面とサウンド性能が大幅に低かった)発売当初から対等に勝負出来るのか不透明な状況だった{{要出典|date=2020年1月|title=出典の記事に性能や勝負についての記述は無いので、念のため。}}が、ファミコンが品薄のときに代用品として僅かではあるが売上を伸ばしていった<ref name="famitsu" />。ただし、それもまだカセットのROM容量が少なくてシンプルなファミコンソフトしか無かったような頃の話である<ref group="注" name="rom" />。発売から1年以上経過した1985年後半になると業界に大きな動きが訪れる。ファミコンでは500万本以上を売り上げ社会現象を発生させ、決定的なキラーソフトとなった[[スーパーマリオブラザーズ]]が登場して急速にシェアが拡大。さらに本機とともに業界2番手を競っていたセガからはファミコンに匹敵する高性能機[[セガ・マークIII]]が登場したためスーパーカセットビジョンは劣勢に立たされた。
 
エポック社も巻き返し策として
匿名利用者