「GSS東京サンビームズ」の版間の差分

準優勝
(準優勝)
初参戦となった2008/09V・チャレンジリーグは、なかなか勝利に届かなかったもの、2009年2月1日に[[柏エンゼルクロス]]を3-1で破り、V・チャレンジリーグ初勝利を挙げる。しかし、その後勝てずに1勝17敗の最下位で終わる。2009/10V・チャレンジリーグでは、1勝も出来ずに終了。続く2010/11V・チャレンジリーグでも、勝てずに終了となる。
 
2011年に[[佐々木雄司 (バレーボール)|佐々木雄司]]を監督に迎える。2011/12V・チャレンジリーグでも、前半戦は勝てずに終えるが、2012年2月25日に[[Befcoビービースターズ]]をストレートで降し、V・チャレンジリーグで3年ぶりの勝利となり、連敗を61で止めた。翌週には上位の[[PFUブルーキャッツ]]にもストレートで勝ち、最下位で終わるもの、自己最高の2勝を挙げてシーズンを終えた。しかし、2012/13V・チャレンジリーグでは、リーグを通して1セットも取ることが出来ずに全敗で終わる悔しいシーズンとなった。リーグ終了後、佐々木監督が退任し、笛木が監督に復帰した<ref>{{cite web|url=http://ameblo.jp/gsssunbeams/entry-11527901282.html|title=新体制|publisher=GSSサンビームズ公式ブログ|accessdate=2013-10-27|date=2013-05-10}}</ref>。
 
2014/15のVチャレンジリーグでは9位となり、リーグ再編に伴いチャレンジリーグIIに組み込まれた。
 
2016/17シーズンより登録チーム名を「GSS東京サンビームズ」に改称<ref>{{cite web|url=http://www.vleague.or.jp/team_detail/id=299&season_id=680|title=チーム概要|authorpublisher=Vリーグ機構|accessdate=2016-07-17}}</ref>。
 
2018-19シーズン、当年度より始まる新生[[V.LEAGUE]]でV2に編入<ref>{{cite web|url=https://www.vleague.jp/topics/news_detail/20606|title=2018-19 V.LEAGUEの編成について|date=2018-03-24|publisher=Vリーグ機構|accessdate=2020-02-17}}</ref>。2019-20シーズン、V2で2部リーグ自己最高となる準優勝を果たした<ref>{{cite web|url=https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21573|title=2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN V・レギュラーラウンド最終結果・個人賞受賞選手決定のお知らせ|date=2020-02-09|publisher=Vリーグ機構|accessdate=2020-02-17}}</ref>(S2ライセンスのためV・チャレンジマッチには出場できず)。
 
== 成績 ==
=== 主な成績 ===
; [[チャレンジリーグ (バレーボール)|チャレンジリーグ]]、[[V.LEAGUE]] Division2DIVISION2
* 優勝なし
* 準優勝1回([[2019-20 V.LEAGUE DIVISION2|2019-20]])
* 準優勝なし
; [[黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会|黒鷲旗全日本選抜大会]]
* 優勝なし