「オイミャコン」の版間の差分

編集の要約なし
(英語とロシア語版から)
 
== 語源 ==
オイミャコンの語源は言い伝えによれば、[[エヴェン語]]で「''kheium''」(不凍の水、魚が冬を過ごす場所)という意味であるが<ref>{{cite book|last=Pospelov|first=Evgeniy Mikhaylovich|script-title=ru:Географические названия мира|location=Moscow|year=1998|p=307|language=Russian}}</ref>、別の情報源[[ツングース語族|ツングース語]]によれば「''heyum (hэjум)''」(凍った湖)という意味であり、''kheium''はスペルミスであった可能性が考えられいる<ref>{{citation |last=Tsintsius |first=V. I. |publisher=Nauka |year=1977 |volume=2 |page=361 |publication-place=Leningrad |script-title=ru:Сравнительный словарь тунгусо-маньчжурских языков : материалы к этимологическому словарю|language=Russian}}</ref><ref name="post_221.htm">[http://tokuhain.arukikata.co.jp/moscow/2009/11/post_221.html ロシアで最も寒い場所!?Оймякон(オイミャコン)]</ref>。これはこの地が[[永久凍土]]であるにもかかわらず、天然の[[温泉]]が近くに湧いているからであ<!-- り、これだけ過酷な環境においても定住が可能な一つの理由である。(永久凍土地帯にも人類は古くから定住しており、温泉が湧いていることは、とくに凍土地帯での生活には不可欠ではないようです。むしろ伝統的には、現在の日本のような温泉文化はなかったと考えられます。) -->る<ref name="post_221.htm" />。
 
== 気候 ==