「工画堂スタジオ」の版間の差分

Template:基礎情報 会社 修正
(Template:基礎情報 会社 修正)
 
|ロゴ=
|種類=[[株式会社 (日本)|株式会社]]
|市場情報=<!-- 株式非公開会社において「非上場」などと書く必要はありません -->
|市場情報=
|略称=KGD
|国籍={{JPN}}
|本社郵便番号=160-0004
|本社所在地=[[東京都]][[新宿区]]四谷4丁目3<br />四谷トーセイビル4階
| 本社緯度度 = 35|本社緯度分 = 41|本社緯度秒 = 16.6|本社N(北緯)及びS(南緯) = N
|設立=[[1960年]]8月(法人設立)
|業種=情報・通信業
|法人番号=9011301008474
|事業内容=グラフィックデザインおよびコンピューターソフトウェアの開発・販売
|代表者=代表取締役社長 谷 逸平
 
== 沿革 ==
[[1916年]]、『図案と版画 谷工画堂』として創業する。その後[[丸善雄松堂|丸善]]と取引を開始するなど順調に成長し、[[1960年]]には株式会社工画堂スタジオを設立する。1960年代から1970年代に[[タカラ (玩具メーカー)|タカラ]]の『[[人生ゲーム]]』などの[[ボードゲーム]]の[[グラフィックデザイン]]などの仕事を行う。[[1980年]]代に[[任天堂]]の[[ゲーム&ッチ]]のヒットにより、似た電子ゲームが[[バンダイ]]や[[トミー (企業)|トミー]]からも発売されるようになると、工画堂スタジオも同様の仕事を請け負うようになる。[[1982年]]、鬼羅あきらを中心とするソフトウェア開発部を発足させ、[[シャープ|SHARP]] MZ-80や[[日本電気|NEC]] PC-8001/8801等のコンピューターを購入し、[[コンピュータゲーム]]の研究開発も行うようになった。工画堂スタジオの最初のPCゲームとして、『スロットクレイジー』が1983年に発売された。1985年8月には工画堂スタジオ自社ブランド「KGDソフト」の第一作目の作品として「コズミックソルジャー」が発売された。<ref>『[[KOGADO Visual Works 1985‐2008]]』[[晋遊舎]]</ref>[[1994年]]にニューメディア開発部が発足した。2016年をもって、工画堂スタジオは創業100周年を迎えた。
 
== デザイン制作部 ==
3,220

回編集