「尿酸」の版間の差分

編集の要約なし
腸内の[[プリン塩基|プリン体]]は[[腸内細菌]]に取り込まれDNA合成に利用され腸管内のプリン体が減少する可能性が指摘されている。ヒトに[[ガセリ菌|ラクトバチルスガセリ]]PA-3を含む[[ヨーグルト]]を連日摂取させたところ血清尿酸値の低下が認められた。これは菌体がプリン体を取り込むことによるヒトの体内への吸収抑制によるものであることが推察された<ref name=yamada>山田成臣、「[https://doi.org/10.11465/milk.65.235 乳酸菌摂取が尿酸値へ及ぼす影響]」『ミルクサイエンス』 2016年 65巻 3号 p.235-239, {{doi|10.11465/milk.65.235}}</ref>。
 
;[[血液検査の参考基準値]]
{| class="wikitable"
; |+ [[血液検査の参考基準値]]
|'''! 項目'''||''' !! 被験者のタイプ'''||''' !! 下限値'''||''' !! 上限値'''||''' !! 単位'''||''' !! 備考'''
|-
| rowspan=3 | '''尿酸'''<ref name=southwest>[http://pathcuric1.swmed.edu/PathDemo/nrrt.htm Normal Reference Range Table] {{webarchive|url=https://web.archive.org/web/20111225185659/http://pathcuric1.swmed.edu/PathDemo/nrrt.htm |date=2011年12月25日 }} from The University of Texas Southwestern Medical Center at Dallas. Used in Interactive Case Study Companion to Pathologic basis of disease.</ref>|| || 0.18<ref name=firstaid>Last page of {{cite book |author=Deepak A. Rao; Le, Tao; Bhushan, Vikas |title=First Aid for the USMLE Step 1 2008 (First Aid for the Usmle Step 1) |publisher=McGraw-Hill Medical |location= |year=2007 |pages= |isbn=0-07-149868-0 |oclc= |doi= |accessdate=}}</ref> || 0.48<ref name=firstaid/> || mmol/L ||
|-
| 女性 || 2.0<ref name=bloodbook/> || 7.0<ref name=bloodbook>[http://www.bloodbook.com/ranges.html Blood Test Results - Normal Ranges] Bloodbook.Com</ref> || mg/dL ||
|-
| 男性 || 2.1 <ref name=bloodbook/> || 8.5<ref name=bloodbook/> || mg/dL ||
|}
 
=== 抗酸化物質としての尿酸 ===
 
== 尿酸塩の溶解度 ==
:{| class="wikitable sortable" style="text-align:right"
|+ 尿酸塩の溶解度 <br>{{smaller|(1gの化合物の溶解に必要な水のg数)}}
|-
! data-sort-type="text" | 化合物
! data-sort-type="number" | 冷水
! data-sort-type="number" | 沸騰水
|-
| {{rh}} | 尿酸
| 15,000
| 2,000
|-
| {{rh}} | 尿酸水素アンモニウム
| {{sdash}}
| —
| 1,600
|-
| {{rh}} | 尿酸水素リチウム
| 370
| 39
|-
| {{rh}} | 尿酸水素ナトリウム
| 1,175
| 124
|-
| {{rh}} | 尿酸水素カリウム
| 790
| 75
|-
| {{rh}} | 二尿酸二水素マグネシウム
| 3,750
| 160
|-
| {{rh}} | 二尿酸二水素カルシウム
| 603
| 276
|-
| {{rh}} | 尿酸二ナトリウム
| 77
| {{sdash}}
| —
|-
| {{rh}} | 尿酸二カリウム
| 44
| 35
|-
| {{rh}} | 尿酸カルシウム
| 1,500
| 1,440
|-
| {{rh}} | 尿酸ストロンチウム
| 4,300
| 1,790
|-
| {{rh}} | 尿酸バリウム
| 7,900
| 2,700
|}
 
表に示されている数値は、示されている化合物の単位質量を溶解するのに必要な水の質量を示している。数値が低いほど、水に化合物が溶けやすくなる<ref>{{cite book | title = CRC Handbook of Chemistry and Physics | edition = 62nd| title-link = CRC Handbook of Chemistry and Physics}}</ref><ref>{{cite book | title = ''Merck Index'' | edition = 9th}}</ref><ref>{{cite book | title = Uric acid | first = Francis H. | last = McCrudden | page = 58}}</ref>。表から計算できるように尿酸の冷水での溶解度は7mg/dLである。