「キルデベルト1世」の版間の差分

m
511年に父の死に伴い、3人の兄弟とともに遺領を分割相続し、パリ王国を受け取った。パリ王国は[[ソンム川]]と[[ロワール川]]の間に挟まれた地域を領土としており、[[ブルターニュ]]、[[ノルマンディー]]、[[ブリー]]の諸地方および[[アキテーヌ]]地方西部から構成されていた。
 
523年、キルデベルトと同腹の兄弟たちは、母の教唆で[[ブルグント王国]]を攻めた。この戦争中に兄の[[オルレアン]]王[[クロドメール]]が戦死すると、キルデベルトと弟の[[ソワソン]]王[[クロタール1世]]は、クロドメールの幼い遺児たちから王国を横取りしようと企んだ。キルデベルトが母クロティルデに引き取られていた甥たちをおびき出し、クロタールが2人の甥を自らの手で刺殺した<ref>{{Cite book|和書|author=ジュール・ミシュレ|year=2016|title=フランス史【中世】I|publisher=論創社|pages=P.209}}</ref>。キルデベルトは弟とオルレアン王国を折半し、領土を拡げた。
 
531年、妹[[クロティルダ (西ゴート王妃)|クロティルデ]]と夫の[[西ゴート王国|西ゴート王]][[アマラリック]]との不和を知ったキルデベルトは、アマラリックを攻めて彼を[[ナルボンヌ]]で破っている<ref>{{Cite book|和書|author=トゥールのグレゴリウス|year=2007|title=フランク史|publisher=新評論|pages=P.115}}</ref>。