「ハブ (ネットワーク機器)」の版間の差分

m
→‎ハブの機能: リンクの追加
m (→‎ハブの機能: リンクの追加)
ハブの中には多機能なものもあるが、主要な機能は以下の二つである。
* リタイミング機能
: 電送信号は伝送中にケーブル内で減衰、波形の歪み、[[ジッタ]]の増加など様々な影響を受ける。伝送過程において電気信号としての品質を保つため、受信した電気信号を復元する機能を持っており、『'''リタイミング機能'''』と呼ぶ。
* プリアンブル再生機能
: 通信中のフレームには、プリアンブルと呼ばれる7バイトの1と0の連続が先頭に付加されケーブル内を流れるが、このプリアンブルも伝送過程において、ビットロスなどの現象が発生する場合がある。このプリアンブルを元の状態に戻す機能を、『'''プリアンブル再生機能'''』と呼ぶ。
71

回編集