「関東郡代」の版間の差分

本来、関東代官は[[勘定奉行]]の支配下にあった。しかし、8代[[伊奈忠逵|忠逵]]の代の享保年間には鷹場支配と公金貸付を中心とした「掛御用向」の地位に就き、[[1733年]](享保18年)には[[勘定吟味役]]を兼任しており、関東代官は[[老中]]の直属支配下に入ることになった。
 
さらに12代[[伊奈忠尊|忠尊]]の[[1785年]]([[天明]]5年)には奥向御用兼帯となり、その2年後には小姓組番頭格となるなど、他の郡代・代官とは別格の地位を築いた。伊奈氏の「関東郡代」自称もこうした特殊な地位が背景にあったと考えられている。しかしこの頃、伊奈氏の当主の地位を巡る[[お家騒動]]が起き、讒言によって[[1792年]]([[寛政]]4年)3月に[[伊奈忠尊]][[関東代官]]を罷免、[[改易]]されてしまった。
 
=== 寛政-文化期の「関東郡代」 ===