「織田長孝」の版間の差分

編集の要約なし
[[1600年]]の[[関ヶ原の戦い]]で父と共に東軍に与し、西軍の武将である[[戸田重政]]を討ち取るという武功を挙げたことから、戦後に美濃野村において1万石の所領を与えられた。
 
1606年7月5日に死去し、法号は照巌玄高。
 
[[野村藩]]嫡男の[[織田長則]]が継ぎ、次男・[[織田長光]]は[[加賀藩]]前田八家[[村井長次]]の養となった。
 
[[Category:織田氏|なかたか]]
4,504

回編集