「わ行う」の版間の差分

編集の要約なし
m (赤いページ)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
いずれの表記法も明治期には廃れ、明治33年(1900年)の[[冨山房発行]]の文部省検定『[[國語讀本]](尋常小学校用)』ではすでに、カタカナ・ひらがな共にア(あ)行と同じ「ウ・う」になっている<ref>坪内雄藏 著『國語讀本尋常小学校用』(株)冨山房インターナショナル、2012年復刻版、ISBN 978-4-905194-23-1、p.50-52・76-77。</ref>。
 
2020年2月現在[[Unicode]]には存在しない文字である。「HIRAGANA LETTER ARCHAIC WU」の名称で将来の追加が予定されているが、追加される時期は不明である<ref>[https://unicode.org/alloc/Pipeline.html Pipeline], Unicode Consortium, 閲覧日: 2020年2月25日</ref><ref>[https://www.unicode.org/L2/L2019/19381-missing-kana.pdf Proposal to Encode Missing
Japanese Kana], Abraham Gross, 閲覧日: 2020年2月25日</ref>。
== わ行うの使用法 ==
明治の語法書で、餓える、植えるなどの「う」を表すのに使われていることがある<ref name="kanazukai">{{cite book|和書|url={{NDLDC|862200/14}}|author=村山自彊|author2=中島幹事|title=仮名遣|year=1891|publisher=開新堂|page=19}}</ref>。→[[下二段活用|ワ行下二段活用]]