「姑息的治療」の版間の差分

編集の要約なし
重症患者のケースでは根治的治療に入る前の下準備として適用される。姑息的治療によって生命が危ぶまれる状態から脱することを狙う。また、全身状態を改善させることで[[自然治癒力|自己治癒力]]を回復させ、結果として疾患の改善に繋げることを狙いとする場合もあり、姑息的治療をきっかけに(うまく自己治癒力が回復すれば、その自己治癒力により)原疾患が完治に至るケースも存在する。
 
[[ホスピス]]などの[[終末期医療]]における患者の苦痛軽減を目的とした医療行為も姑息的治療に含まれる。例えば、末期癌患者に対するの[[疼痛]]軽減を目的とした[[モルヒネ]]の投与などである。
 
== 姑息的治療の例 ==