「クイーンズ・クラブ選手権」の版間の差分

編集の要約なし
m
 
| Category = [[ATPツアー・250シリーズ|250シリーズ]]<br/><small>(2009–2014)</small><br/>[[ATPツアー・500シリーズ|500シリーズ]]<br/><small>(2015–)</small>
| Surface = 芝 / 屋外
| Draw = 32S / 32Q16Q / 24D
| Prize_Money = €2,081134,830520
| Champion_Prize_Money =
| Web_site = [https://www.lta.org.uk/fever-treechampionships/ Fever-Tree Championships]
| Current =
}}
[[Image:Queen's Club, Centre Court.jpg|thumb|クイーンズ・クラブのセンターコート(2011(2011)]]
'''クイーンズ・クラブ選手権'''(Queen's Club Championships)は、毎年6月下旬にイングランドの[[ロンドン]]西部ウエスト・ケンジントンのクイーンズ・クラブで開催される[[テニスコート|芝コート]]の[[テニス]]大会である。同じく芝コートの[[ウィンブルドン選手権]]の前哨戦として知られている。2014年までは[[ATPツアー・250シリーズ|ATP250シリーズ]]であったが、2015年からは[[ATPツアー・500シリーズ|ATP500シリーズ]]に昇格した。2018年以来、スポンサー契約のため「フィーバー・ツリー選手権(Fever-Tree Championships)」と呼ばれている<ref>{{Cite news|title=Tonic for British tennis as drinks brand Fever-Tree agrees to sponsor pre-Wimbledon tournament at Queen's|date=2018-03-19|url=https://www.dailymail.co.uk/sport/tennis/article-5520325/Fever-Tree-agrees-sponsors-pre-Wimbledon-tournament-Queens.html|newspaper=Mail Online}}</ref>。1979年から2008年までは「ステラ・アルトワ選手権 (Stella Artois Championships)」、2009年から2017年までは「[[エイゴン]]選手権(Aegon Championships)」と呼ばれた
 
== 概要 ==
日本人選手では1921年に[[清水善造]]が優勝を果たしている。また1992年には[[松岡修造]]が準優勝した。1971年から1973年の3年間だけ男女共催で行われた。
2014年までは[[ATPツアー・250シリーズ|ATP250シリーズ]]であったが、2015年から[[ATPツアー・500シリーズ|ATP500シリーズ]]に昇格した<ref>{{cite web|url=https://www.lta.org.uk/major-tennis-events/british-major-events/fever-tree-championships/news-and-media/2015/2014/aegon-championships-to-upgrade-to-atp-500-status-in-2015/|title=Aegon Championships to upgrade to ATP 500 status in 2015 | LTA|website=lta.org.uk|accessdate=01 mar 2020}}</ref>。1971年から1973年の3年間は男女共催で行われた。2018年から{{仮リンク|フィーバー・ツリー|en|Fever-Tree}}がタイトルスポンサーを務めている<ref>{{cite web|url=https://www.lta.org.uk/major-tennis-events/british-major-events/fever-tree-championships/news-and-media/2018/fever-tree-championships-lta-signs-title-sponsor-queens-club-tournament/|title=Fever-Tree Championships: LTA signs up title-sponsor to Queen’s Club tournament|website=lta.org.uk|accessdate=01 mar 2020}}</ref>。
 
== 歴代優勝者 ==
{{clear}}
 
=== 男子シングルス ===
| 2014 || {{Flagicon|BUL}} '''[[グリゴール・ディミトロフ]] || {{Flagicon|ESP}} [[フェリシアーノ・ロペス]] || 6–7<sup>(8–10)</sup>, 7–6<sup>(7–1)</sup>, 7–6<sup>(8–6)</sup>
|-
| 2015 || {{Flagicon|GBR}} '''[[アンディ・マリー]] || {{Flagicon|RSA}} [[ケビン・アンダーソン]] || 6-36–3, 6-46–4
|-
| 2016 || {{Flagicon|GBR}} '''[[アンディ・マリー]] || {{Flagicon|CAN}} [[ミロシュ・ラオニッチ]] || 6–7<sup>(5–7)</sup>, 6–4, 6–3
|-
| 2017 || {{Flagicon|ESP}} '''[[フェリシアーノ・ロペス]] || {{Flagicon|CRO}} [[マリン・チリッチ]] || 4-64–6, 7-67–6<sup>(7-27–2)</sup>, 7-67–6<sup>(10-810–8)</sup>
|-
| 2018 || {{Flagicon|CRO}} '''[[マリン・チリッチ]] || {{Flagicon|SRB}} [[ノバク・ジョコビッチ]] || 5-75–7, 7-67–6<sup>(7-47–4)</sup>, 6-36–3
|-
| 2019 || {{Flagicon|ESP}} '''[[フェリシアーノ・ロペス]] || {{Flagicon|FRA}} [[ジル・シモン]] || 6-26–2, 6-76–7<sup>(4-74–7)</sup>, 7-67–6<sup>(7-27–2)</sup> 
|}
 
| 2014 || {{Flagicon|AUT}} '''[[アレクサンダー・ペヤ]]<br/> {{Flagicon|BRA}} [[ブルーノ・ソアレス]] || {{Flagicon|GBR}} [[ジェイミー・マリー]]<br/> {{Flagicon|AUS}} [[ジョン・ピアーズ]] || 4–6, 7–6<sup>(7–4)</sup>, [10–4]
|-
| 2015 || {{Flagicon|FRA}} '''[[ピエール=ユーグ・エルベール]]<br/> {{Flagicon|FRA}} [[ニコラ・マユ]] || {{Flagicon|POL}} [[マルチン・マトコフスキ]]<br/> {{Flagicon|SRB}} [[ネナド・ジモニッチ]] || 6-26–2, 6-26–2
|-
| 2016 || {{Flagicon|FRA}} '''[[ピエール=ユーグ・エルベール]]<br/> {{Flagicon|FRA}} [[ニコラ・マユ]] || {{Flagicon|AUS}} [[クリス・グッチョーネ]]<br/> {{Flagicon|BRA}} [[アンドレ・サ]] || 6–3, 7–6<sup>(7–5)</sup>
|-
| 2017 || {{Flagicon|GBR}} '''[[ジェイミー・マリー]]<br/> {{Flagicon|BRA}} [[ブルーノ・ソアレス]] || {{Flagicon|FRA}} [[ジュリアン・ベネトー]]<br/> {{Flagicon|FRA}} [[エドゥアール・ロジェ=バセラン]] || 6-26–2, 6-36–3
|-
| 2018 || {{Flagicon|FIN}} '''[[ヘンリ・コンティネン]]<br/> {{flagicon|AUS}} [[ジョン・ピアース]] || {{Flagicon|GBR}} [[ジェイミー・マリー]]<br/> {{Flagicon|BRA}} [[ブルーノ・ソアレス]] || 6-46–4, 6-36–3
|-
| 2019 || {{Flagicon|ESP}} '''[[フェリシアーノ・ロペス]]<br/> {{flagicon|GBR}} [[アンディ・マリー]] || {{Flagicon|USA}} [[ラジーブ・ラム]]<br/> {{Flagicon|GBR}} [[ジョー・ソールズベリー]] || 7-67–6, 5-75–7, [10–5]
|}
 
!決勝結果
|-
| 1971 || {{Flagicon|AUS}} '''[[マーガレット・スミス・コート]]''' || {{Flagicon|USA}} [[ビリー・ジーン・キング]] || 6-36–3, 3-63–6, 6-36–3
|-
| 1972 || {{Flagicon|SSR1955}} '''[[オルガ・モロゾワ]]''' || {{Flagicon|AUS}} [[イボンヌ・グーラゴング]] || 6–2, 6–3
!決勝結果
|-
| 1971 || '''{{Flagicon|USA}} [[ロージー・カザルス]]<br/> {{Flagicon|USA}} [[ビリー・ジーン・キング]]''' || {{Flagicon|USA}} [[メアリー=アン・アイゼル]]<br/> {{Flagicon|USA}} [[バレリー・ジーゲンフス]] || 6-26–2, 8-68–6
|-
| 1972 || '''{{Flagicon|USA}} [[ロージー・カザルス]]<br/> {{Flagicon|USA}} [[ビリー・ジーン・キング]]''' || {{Flagicon|FRA}} [[フランソワーズ・デュール]]<br/> {{Flagicon|NED}} [[ベティ・ストーブ]] || 4–6, 6–3, 7–5