「ダウンクォーク」の版間の差分

m (Bot: 理論化 = [​[マレー・ゲル…] (1964)<br /> → 理論化 = [​[マレー・ゲル…・ツワイク]​] (1964) , Removed break in Template value ends ∵Check Wikipedia #59)
 
== 概要 ==
ダウンクォークは、二番目に軽いクォークであり、 -1/3[[電気素量|e]] の[[電荷]]を持ち、裸の[[質量]]は 4~8 MeVである。[[素粒子物理学]]における[[標準モデル]]では、[[アップクォーク]]と共に[[核子]]の構成要素となっている。すなわち、[[陽子]]はアップクォーク2個とダウンクォーク1個、[[中性子]]はアップクォーク1個とダウンクォーク2個で構成されている。(注:核子の質量の大部分はクォークを結合している[[グルーオン]][[]]のエネルギーに由来しており、クォークの質量そのものではない)
 
クォークの存在は[[マレー・ゲルマン|ゲルマン]]と[[ジョージ・ツワイク|ツワイク]]が[[1964年]]にクォークモデルを提唱した時に予言された。[[1968年]]には、 [[SLAC]] の[[深非弾性散乱実験]]で、核子がより小さい物体から構成されていることを示す初めての証拠がみつかった。
匿名利用者