「室蘭民報」の版間の差分

[[1902年]]創刊の「室蘭時報」がルーツ。[[1941年]]には政府の一県一紙政策により室蘭タイムスと合併、「室蘭日報」に改題するも、その翌年には道内に点在するローカル紙が全て統合(当紙は北海道新聞社の室蘭支社となった)されたことで一時廃刊となる。
 
戦後まもなく、地元経済団体らを中心に地元紙復活の機運が高まり、[[1945年]]12月8日北海道内のローカル紙のトップを切って「室蘭民報」の題号で創刊。 [[1956年]]からは朝刊に加え夕刊を発行。現在、都道府県庁所在地以外に本社を置く新聞社で朝夕刊セット発行を行っているのは、全国でも室蘭民報社だけとなっている。なおエリア内には同じ「民報」を冠する、[[苫小牧民報]]があるが、一切資本関係はない。日高管内の地域紙である[[日高報知新聞]]とは提携関係を結んでおり記事の相互交換を実施するほか、日高支社([[浦河町]])も同紙の本社内に同居している。
 
発行部数は朝刊63,000部、夕刊52,630部(公称)。室蘭・登別の両市内に限れば[[北海道新聞]]の購読者数を上回る([[全国紙]]と室蘭民報を併読しているケースもある)。最大印刷ページ数は24ページ。このうちカラー印刷は最大8ページ。2008年元旦号は8部建て総ページ数82ページだった。