「サウンドプログラマー」の版間の差分

90年代まではサウンドプログラマーといえば[[作曲家|コンポーザー]]が作成した曲をコンピューターに[[MIDI]]として打ち込む人を指す職種であった。その頃はゲーム機にはハードウェアのシンセサイザー音源が搭載されており、これを駆動して曲を再生するためコンポーザーの意図した曲をゲーム機上で再生するには高度な専門知識が必要であった。
 
しかし現在はコンポーザー自身がコンピューターで[[デジタル・オーディオ・ワークステーション|DAW]]を扱うようになり、またストレージの容量向上や圧縮コーデックの普及によって、ミックスされた曲をPCM音源でそのまま再生できるようになったことから、サウンドプログラマーとしてMIDIを打ち込むという役割は減っており、ミドルウェアとゲームエンジンの橋渡し、組み込み作業、サウンドの最適化が主になっている。
 
ゲーム業界以外([[着信メロディ|着メロ]]作成、[[カラオケ]]楽曲の作成など)では、[[MIDI]]を打ち込む人を今でもサウンドプログラマーと呼ぶことがある。
匿名利用者