「大井和郎」の版間の差分

編集の要約なし
 
== その他の音源 ==
彼は現在78枚のCDをリリースしているが、特にリストを中心とした34枚(パガニーニ練習曲完全版を含む)は評価は高い。パガニーニ練習曲完全版に続いて、彼は[[超絶技巧練習曲]](初版)をリリースした。ツェルニー的な要素が多い曲集ではあるが、彼の演奏は評価が高く、パガニーニ練習曲完全版に次いで人気が高い音源である。超絶技巧練習曲(初版)はよく知られた第3稿と同様に12曲であるが、曲自体は全部で40分程度で演奏し切れてしまう為、穴埋めとして超絶技巧練習曲第2版から6番、7番、9番、11番。第3版から10番を抜粋した。
 
超絶技巧練習曲の第1版の録音には苦労したという。第1版は技術的にはそれほど難しくない曲々であるが、プロとして人に聴かせる演奏に仕上げるのが難しかったという。同時収録された超絶技巧練習曲の第2版は、パガニーニ練習曲初版とほぼ同時期に改訂されたもので、やはり演奏困難なことで有名である。
 
その後巡礼の年から、普段あまり取り上げられない美しい曲を集めて「巡礼の年<ref>{{Cite web |url = https://web.archive.org/web/20200307205631/https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61IElQhklOL._SY355_.jpg|title = 巡礼の年|website = images-na.ssl-images-amazon.com|publisher = Amazon.com|date = |accessdate = 2020-03-08}}</ref>」をリリース。この音源と「愛の夢」は今まで録音した難曲ではなく、より音楽的な要素を側面に出した作品が多く、技術的にはさほど難しくないものが多い<ref>{{Cite web |url = https://web.archive.org/web/20200307205638/https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61DFmWdLW0L._SX522_.jpg|title = 愛の夢|website = images-na.ssl-images-amazon.com|publisher = Amazon.com|date = |accessdate = 2020-03-08}}</ref>。そのため彼のもつ音楽性が最も発揮された音源であるといえる。
 
==脚注==
匿名利用者