「封印作品」の版間の差分

(修正。安藤本によりかかりすぎると、ただの転載リストになり、安藤が封印と明言していない作品の記述がわずかには必要。)
 
== 異論 ==
上記のように便宜的に用いられている語であり、何をもって「封印作品」とみなすのか、なぜ「封印作品」「欠番」としたのか、原作者や制作スタッフも公式の場でその理由を語らないため、必ずしも共通の理解がされているわけでは'''全く'''ない。典型例は[[近藤譲]]の未出版作品で、「これ、未出版作品であって撤回作品ではありません<ref group="注釈">2014年7月23日開催:近藤譲×佐々木敦トークショーで質疑応答に答える形で撤回ではないことを発言。</ref><ref>{{Cite web |url = http://espacebiblio.superstudio.co.jp/?p=407|title = 近藤譲×佐々木敦トークショー「いま、「音楽を聴くこと」について」|website = espacebiblio.superstudio.co.jp|publisher = espace biblio|date = |accessdate = 2020-03-08}}</ref>」と本人から正式に回答があった。この種の受け手の勘違いといった問題は、[[メインカルチャー]]ではないカルチャーでは、[[コミケ]]で自由に出版できる場を持たない当時には頻繁に発生していた。
 
『封印作品の謎2』でとりあげられた『[[キャンディ・キャンディ]]』について、安藤の取材を受けた原作者の水木杏子([[名木田恵子]])は、「『封印』という呼び方は適当ではない」という旨の発言をしている。封印作品という単語の発案者はもしも別人である可能性があったとしても、安藤による流布が効いていることが深く認識された。これは、「封印」という言葉を使うと、誰かが意図的に作品の公開を妨げているとの印象があるが、『キャンディ・キャンディ』に関しては「問題が解決され、再び公開されることを望んでいるから」と述べている。
[[ヴィルヘルム・ケンプ]]の「Familie Gozzi」、[[アルフレード・カゼッラ]]の「Il Deserto Tentato」はともに[[ベニート・ムッソリーニ]]政権を賛美するオペラであり、カゼッラに至っては出版社が削除するほどの問題を引き起こしたが、両者は封印をいかなる場においても明言していない。
 
原板メディアの不良が発生し再生が困難、または原板自体が紛失した場合については[[1970年代]]後半頃までは記録用のVTRやフィルムの質が低く、また使い回しが多かった為、含めるべきではない。ただし、過去の番組制作者は公的にマスターテープの紛失消去を理由にしながら、実際には関係者が放映時に家庭用のVTRで収録していたケース<ref group="注釈">[[プリンプリン物語]]</ref>があるなど、意図して使いまわしたのか不可抗力で使いまわしたのかは不明なケースが多くある。
 
== 封印作品の例 ==
匿名利用者