「アニパロコミックス」の版間の差分

編集の要約なし
{{独自研究|date=2009年4月}}
{{出典の明記|date=2009年3月}}
'''アニパロコミックス'''(略称'''APC''')は、かつて[[1982年]]から[[1993年]]にかけてみのり書房より発行されていた隔月の[[漫画雑誌]]。
 
'''アニパロコミックス'''(略称'''APC''')は、かつて[[1982年]]から[[1993年]]にかけてみのり書房より発行されていた隔月の[[漫画雑誌]]。
 
==概要==
[[アニメ雑誌]]「[[月刊OUT]]」の臨時増刊号としてスタートした雑誌である。掲載作品の主体は当時が人気あった[[テレビアニメ]]や[[漫画]]の版権[[キャラクター]]を用いた[[パロディ]]物の[[ギャグ漫画]]作品を主体としていた。ただし、[[パロディ]]作品をその“元ネタ”となっている作品とは完全に独立したジャンルおよび作品と位置づけ、[[アニメ]]雑誌や[[コミカライズ]]とは異なりライセンス許諾を得ないスタイルを取っていた。
 
作品の大半は主に女性向け[[同人誌]]で当時人気があったアニメ・漫画を“元ネタ”にそのキャラクターの名前・特徴などをそのまま用いたもので、現在ではパロディというよりは[[2次創作物]]として取り扱われる様な内容のものが多くを占め、挙句には[[藤田わか]]『世紀末翼伝説』の様に、『[[キャプテン翼]]』『[[聖闘士星矢]]』『[[鎧伝サムライトルーパー]]』など複数のテレビアニメ作品のキャラクターをごちゃまぜに流用したドタバタギャグ作品なども散見された。ただし、その一方で[[巣田祐里子]]の初期の代表作である『Go! WEST』や(ただし、この作品自体も『[[西遊記]]』のパロディをベースとしており、他にも作中に多少のパロディ要素は取り込んでいる)、他にも作者自身の周囲の出来事をモチーフにギャグ漫画に仕立てたものなど、オリジナル性の比較的高い作品もあり、長らく実質的な雑誌の看板作品の位置づけにあったのは『Go! WEST』であった。なお、常連連載作家の中には本誌での活動と前後して、商業出版や[[同人誌]]で[[やおい]]系・[[ボーイズラブ]]系の作品を手掛けた人物も少なくないが、本誌では[[LGBT]]的な要素は基本的にギャグや[[伏線]]としての使用までにとどめられている。
元編集長は商業出版ベースでの復活を目論んでいたのか「創刊準備号」と銘打たれ、1993年10月に「創刊準備号の・ようなもの」が、その後は数ヶ月おきに「創刊準備号○」と通算の号数を銘打って発行された。しかし、これも1997年以降は刊行ペースが落ち、2002年2月の「創刊準備号26」を最後に事実上終了。最終的に「創刊」には至らぬまま終わった。
 
== 関連項目執筆陣 ==
* [[潮藍]] - 「マンガの描き方教室!!」(同人誌の製本、[[定額小為替|無記名定額小為替]]による売買のノウハウなどを含む)。「黒猫物語」当時飼っていた黒猫「一輝」(名前は『聖闘士星矢』にちなむ)の話。
* [[江口勇]] - 『[[エスパー魔美]]』の高畑くんが[[マイケル・ジャクソン]]張りの外観で、[[シャア・アズナブル]]と共演する。『本格探偵漫画かおり:江口勇作品集』(1990年)
匿名利用者