「封印作品」の版間の差分

ルポライターの[[安藤健二]]は、その範疇に含まれるいくつかの作品について「'''封印作品'''('''ふういんさくひん'''。'''[[お蔵入り]]'''とも)」と称して取材を行い、『封印作品の謎』・『封印作品の謎2』として単行本にまとめた。公開できない表現物についての噂話が市井で飛び交うことがあっても、公式に封印作品という単語が出版物で定義されたのはこれが初めてのことであった。
 
この出版以降、トラブルを抱えたがために公開・流通に何らかの影響が出た著作物と関連づけて「封印作品」という語は、頻繁に用いられるようになってきている。かつては「お蔵入り安藤による著書の公刊後、製作者自らが封印と呼ぶ事例もあった<ref>{{Cite web |url group="注釈">江口寿史のお蔵出しの初版が1994年である。 https://web.archive.org/web/20200308174653/https://pbs.twimg.com/media/D4TeIlWUUAACVUb.jpg:small|title = 封 MUSASHI 印|website = 封 MUSASHI 印|publisher = pbs.twimg.com|date = |accessdate = 2020-03-08}}</ref>」という単語のほうが多く使われていた
 
かつては「お蔵入り<ref group="注釈">江口寿史のお蔵出しの初版が1994年である。</ref>」という単語のほうが多く使われていた。
 
== 異論 ==
匿名利用者