「卒業証書」の版間の差分

編集の要約なし
(学校教育法施行規則の条文引用に誤りがあります。卒業証書に関する条文は正しくは第58条です。)
編集の要約なし
 
{{混同|卒業証明書}}
[[ファイル:Diploma of gradution of junior high school in Japan.jpg|right|thumb|200px|卒業証書の例(千葉県市川市の中学校)]]
'''卒業証書'''(そつぎょうしょうしょ)とは、その[[学校]]の全[[課程]]([[本科]])の[[修了]]が認められた[[児童]]・[[生徒]]・[[学生]]などに対して、[[校長]]([[学長]])が[[授与]]する[[証書]]のことである。類似する[[文書]]には[[修了証書]]([[修了証]])がある。
 
== 概要 ==
[[大学]]([[短期大学]]を除く)では、[[学部]](学部以外の教育研究上の基本となる組織を含む)の課程を[[卒業]]した場合は卒業証書および[[学士]]の[[学位記]]が授与される。短期大学を卒業した場合は、卒業証書、および、[[短期大学士]]の学位記が授与される(なお、[[高等専門学校]]においては、[[準学士]]が[[学位]]でなく[[称号]]であるので、卒業証書のみが授与される)。[[大学院]]の各課程を完全に修めることについては「[[卒業]]」ではなく「[[修了]]」とされているため、卒業証書の授与は行われず、学位記の授与が行われる(なお、「'''卒業'''証書」の授与はできないものの、法令上「'''修了'''証書」などを授与することは禁止されていない)。短期大学を卒業した場合は、卒業証書および[[短期大学士]]の学位記が授与される(なお、[[高等専門学校]]においては、[[準学士]]が[[学位]]でなく[[称号]]であるので卒業証書のみが授与される)。
 
卒業証書については、[[学校教育法施行規則]]([[1947年|昭和22年]][[文部省|文部]][[省令]]第11号)の第58条などに規定があり、「校長は、(各学校種)の全課程を修了したと認めた[[個人|者]]には、卒業証書を授与しなければならない。」とされている。卒業証書の[[様式]]は、その学校の設置者([[地方公共団体]]、[[学校法人]]、[[国立大学法人]]など)が定めている。また、卒業証書や卒業証明書を発行するときに原簿となる[[卒業証書授与台帳]]などの保存[[期間]]は、「[[永年]]」または「長期」(100年間ほどを指すことが多い)とされていることが多い。
 
卒業証書は[[卒業式]](卒業証書授与式)で授与されるが、授与の方法としては、校長から卒業生個々人手渡す方法、[[総代]](総[[代表]])やクラス代表に授与し、そ以下のいずれか後、[[クラス]]など([[学級]]、[[ホームルーム]]など)で[[本人]]に手渡す方法などがある。
* 校長から卒業生個々人に手渡す。
* [[総代]](総[[代表]])やクラス代表に授与し、その後[[クラス]]など([[学級]]、[[ホームルーム]]など)で[[本人]]に手渡す。
 
卒業証書は卒業証書用の丸筒・角筒などに入れて丸めた状態で、あるいは証書ホルダーなどに入れて平面の状態で保管される。