「マヌエル・コムネノス・ドゥーカス」の版間の差分

編集の要約なし
(調整)
{{出典の明記|date=2012年2月|ソートキー=人1237年没___世界史}}
{{基礎情報 君主
'''マヌエル・コムネノス・ドゥーカス'''('''Μανουήλ Κομνηνός Δούκας''', Manouel Komnenos Doukas, 生年不詳-[[1241年]]没)は[[エピロス専制侯国|エピロス・テッサロニキ専制公]]([[1230年]]-[[1237年]])。中世ギリシア語表記ではマヌイル・コムニノス・ドゥカス。[[テッサロニキ帝国]]「[[皇帝]]」[[テオドロス1世コムネノス・ドゥーカス]]の弟。父系ではアンゲロス(Άγγελος, Angelos)であるが実際にはその名前を使用していない。
| 人名 = マヌエル・コムネノス・ドゥーカス
| 各国語表記 = Μανουήλ Κομνηνός Δούκας
title| 君主号 = [[エピロス専制侯国|エピロス・テッサロニキ専制公]]|
| 画像 = Trachy of Manuel Komnenos Doukas.jpg
| 画像サイズ =
| 画像説明 = テッサロニキ専制公マヌエルのコイン
| 在位 = [[1230年]] – [[1237年]]
| 戴冠日 =
| 就任式 =
| 祝祷式 =
| 即位式 =
| 別号 =
| 配偶号 =
| 在位2 =
| 戴冠日2 =
| 配偶別号 =
| 全名 =
| 出生日 = 1187年頃
| 生地 =
| 死亡日 = [[1241年]]
| 没地 =
| 埋葬日 =
| 埋葬地 =
| 継承者 =
| 継承形式 =
| 配偶者1 = エフィミヤ・ネマニッチ
| 配偶者2 = マーリア
| 子女 =
| 王家 = [[アンゲロス王朝|アンゲロス家]]
| 王朝 = コムネノス・ドゥーカス朝
| 王室歌 =
| 父親 = [[ヨハネス・アンゲロス・ドゥーカス]]
| 母親 =
| 宗教 =
| サイン =
}}
'''マヌエル・コムネノス・ドゥーカス'''('''Μανουήλ Κομνηνός Δούκας''', Manouel Komnenos Doukas, 1187不詳- [[1241年]]没)[[エピロス専制侯国|エピロス・テッサロニキ専制公]]((在位:[[1230年]] - [[1237年]])。中世ギリシア語表記ではマヌイル・コムニノス・ドゥカス。[[テッサロニキ帝国]]「[[皇帝]]」[[テオドロス1世コムネノス・ドゥーカス]]の弟。父系ではアンゲロス(Άγγελος(Άγγελος, Angelos)Angelos)であるが実際にはその名前を使用していない。
 
== 生涯 ==
[[1230年]]に兄テオドロスがクロコトニツァの戦い([[1230年]])で捕虜になった後、統治職を代行する。しかしテオドロスは[[1237年]]に[[ブルガリア帝国]]皇帝[[イヴァン・アセン2世]]によって釈放され帰国すると、マヌエルを市から追放し長子[[ヨハネス・コムネノス・ドゥーカス (エピロス・テッサロニキ専制公)|ヨハネス]]をその支配に据えてしまう。マヌエルはやむなく[[テッサリア]]に逃れてそこに支配権を確立する。これによってかつての「テッサロニキ帝国」はテッサロニキ(ヨハネス)、テッサリア(マヌエル)、エピロス([[ミカエル2世アンゲロス・コムネノス|ミカエル2世]])の三国に分割された事になる。マヌエルは[[1241年]]頃に死去し、その遺領はミカエル2世が併合した。
 
マヌエルの最初の妻は[[セルビア王国 (中世)|セルビア]]君主[[ステファン・ネマニャ]]の姉妹。二番目の妻はイヴァン・アセン2世の娘(庶子)。共に子供は生まれなかった。
 
{{先代次代|[[エピロス専制侯国|エピロス・テッサロニキ専制公]]|[[1230年]] – [[1237年]]|[[テオドロス1世コムネノス・ドゥーカス|テオドロス・ドゥーカス]]|[[ヨハネス・コムネノス・ドゥーカス (エピロス・テッサロニキ専制公)|ヨハネス・ドゥーカス]]}}
{{start box}}
{{Succession box|
title=[[エピロス専制侯国|エピロス・テッサロニキ専制公]]|
years=1230-1237|
before=[[テオドロス1世コムネノス・ドゥーカス|テオドロス・ドゥーカス]]|
after=[[ヨハネス・コムネノス・ドゥーカス (エピロス・テッサロニキ専制公)|ヨハネス・ドゥーカス]]}}
{{end box}}
 
{{デフォルトソート:まぬえるこむねのすとうかす}}