「ポイント」の版間の差分

m
整理 リンクの変更
m (整理 リンクの変更)
ポイントは複数の地域や時代に種々の[[システム]]が成立したため、[[定義]]も一様でない。最も古いポイント・システムは'''フルニエ・ポイント''' ('''Fournier's point''') とされ、次に'''ディドー・ポイント''' ('''Didot's point''') が[[1783年]]ごろ成立する。これら二つのシステムは[[フランス]]で誕生し、大陸で広く使われた。フルニエ・ポイントは、フルニエ (Pierre-Simon <span style="font-variant: small-caps">Fournier</span>)<ref>[[:fr:Pierre-Simon Fournier]], [[:en:Pierre-Simon Fournier]]</ref> により提案されたものである。シセロ (Cicéro) 格の12分の1を基準として、ポイントを定義したのである。ディドー (Fran&ccedil;ois-Ambroise <span style="font-variant: small-caps">Didot</span>)<ref>[[:fr:Fran&ccedil;ois-Ambroise Didot]], [[:en:Fran&ccedil;ois-Ambroise Didot]]</ref> はこのフルニエのシステムを改善し、「王の[[インチ]]」(<em>Pied de roi</em>) と呼ばれるフランスのインチ格に、1 pt を1/72インチとして適合させた{{要出典|date=2010年5月}}。フルニエ・ポイントにおいては、1&nbsp;pt ≒&nbsp;0.348&nbsp;82&nbsp;[[ミリメートル|mm]] で、ディドー・ポイントでは 1&nbsp;pt ≒&nbsp;0.375&nbsp;9&nbsp;mm に相当する。
[[File:Nomura Soujuuro.jpg|thumb|和文ポイント活字の創始者・築地活版の野村宗十郎]]
[[ヨーロッパ大陸|欧州大陸]]では主にディドーのポイント・システムが使用されていたが、[[イギリス|英]][[アメリカ合衆国|米]]では定まったポイント・システムは普及しなかった。[[アメリカ合衆国|アメリカ]]で活字のサイズが統一されるのは、[[1886年]]に MS&amp;J (Mackellar, Smiths and Jordan, Letter Founder) のジョンソン・パイカ (Johnson pica) を共通的に使用することが確認されてからである。これを'''アメリカン・ポイント''' ('''American point''', '''American printers' point''') という。ジョンソン・パイカは 83&nbsp;picas =&nbsp;35&nbsp;[[センチメートル|cm]] とするもので、1&nbsp;pt =&nbsp;1/12&nbsp;picas ≒&nbsp;0.351&nbsp;4&nbsp;mm である。ジョンソン・パイカが 83&nbsp;picas =&nbsp;35&nbsp;cm とし、それが結局アメリカン・ポイントとして選択されたのは、サイズ体系を維持することで、活字の改鋳を極力避けるためであった。多くの有力な活字鋳造業者がジョンソン・パイカを使用していたため、アメリカン・ポイントを 1&nbsp;in. =&nbsp;6&nbsp;picas、1&nbsp;picas =&nbsp;12&nbsp;pt にしようと運動したホークスの提案は退けられたのである。アメリカン・ポイントは[[東京築地活版製造所]]によって1900年代後半に紹介され、日本でも普及した。
 
==互換性==
[[日本]]においては、[[活字#近代|活字]]において採用された単位「号」および[[写真植字機]]において採用された単位「[[級]]」(1Q=0.25mm、字送り量については単位を「歯」と読み替える)が存在する。
{{see also|活字#号数活字}}
'''号数制'''は初号(米式42ポイント相当)、一号(旧一号27.5ポイント相当・新一号26.25ポイント相当)、三号(旧三号16ポイント相当・新三号15.75ポイント相当)の3種の文字サイズを基準にしたもので、印刷所では号数活字の間をポイント活字で補う形で併用した。明治期から[[1960年代]]までは旧号数が全国共通で使われていたが、[[1962年]](昭和37年)、トタン罫活字の厚みに相当する「五号の1/8」を基準にした新規格(新号数)が[[日本産業規格|日本工業規格]]として制定され、その後も旧号数を使い続けた印刷所が多かった関東地方を除き、大半の地方で切り替えられた。
*初号 - 二号(21ポイント相当) - 五号(10.5ポイント相当) - 七号(5.25ポイント相当)
*一号 - 四号(旧四号13.75ポイント相当・新四号13.125ポイント相当)
===標準の文字サイズ===
 
日本では長く[[活字#号数活字|五]][[活字]](10.5ポイント相当)が公文書などの本文用活字に主に用いられたことを反映し、後年の和文用[[ワードプロセッサ]]や[[ワープロソフト]]においては、10.5ポイントが標準の文字サイズとして用いられている。
 
[[明治時代]]から[[大正時代]]初期にかけて、『[[中央公論]]』など多くの雑誌組版は、主記事を五号活字、副記事を六号(旧六号)活字に分けて組む方法を標準としていた。大正中期には五号と六号の中間にあたる9ポイント活字に統一され、さらに8ポイント活字が本文活字にも使用されるようになった。終戦直後の用紙難に伴う紙面制約の影響で、戦後は8ポイント活字が標準の本文活字となった。