「ひかり (列車)」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
: 本来は[[九州新幹線 (鹿児島ルート)|九州新幹線]]直通列車「[[みずほ (列車)|みずほ]]」「[[さくら (新幹線)|さくら]]」用だが、間合い運用として2011年3月12日から山陽新幹線内の「ひかり」でも運用開始。
: 2017年3月4日のダイヤ改正から、新大阪 - 博多間の臨時列車運用のみ。
{{Tokaido Shinkansen 16 unit|自|指|}}
; [[新幹線700系電車|700系]](16両編成)
: 2007年以降、300系に代わり充当された。16両編成は東海道区間を中心に使用されていたが、2017年3月4日のダイヤ改正で東海道新幹線の区間はすべてN700系に置き換えられ、現在は山陽新幹線下り441号・上り444号に使用されているのみ。下り441号は1〜7号車と13〜15号車は自由席として設定される。
{{-}}
{{Sanyo Shinkansen 700 for Hikari Railstar Unit|指}}
; [[新幹線700系電車|700系]](8両編成)
: 700系のうち山陽新幹線内でのみ使用される編成で、通称「ひかりレールスター」。全車普通車で、グリーン車は連結していない。以前は4号車に「サイレンスカー」の設定があった。
: 2012年3月16日までは例外として、朝の通勤時間帯に運転される540号は8号車以外自由席。「ひかり」543号は4・5号車も自由席。
 
<gallery>
File:JRW Shinkansen Series 700 B9 set.jpg|700系
File:Shinkansen N700 z15.jpg|N700系
</gallery>
: 過去には定期列車の「ひかりレールスター」を多客時に差し替えて使用された。運用に余裕が出てきた2008年以降、定期「ひかり」の代走<ref group="注">2008年3月19日に374・381号、3月20日には366・373号、同年4月17日に374・381号、2009年2月15日に366・373号として300系の代わりに運用されたことがある。</ref>や多客期の臨時「ひかり」に充当されることがあった。
: V編成(8両編成)は2012年3月17日のダイヤ改正から、山陽新幹線の下り1本(「ひかり」441号)のみで運用されていたが<ref name="rf615-11" />、2013年3月16日のダイヤ改正により、運用を外れた。
; [[新幹線700系電車|700系]](16両編成)
 
: 2007年以降、300系に代わり充当された。16両編成は東海道区間を中心に使用されていたが、2017年3月4日のダイヤ改正で東海道新幹線の区間はすべてN700系に置き換えられ、現在は山陽新幹線下り441号・上り444号に使用されていたが2020年3月14日ダイヤ改正で定期運用から外れた。下り441号は1〜7号車と13〜15号車は自由席として設定され
<gallery>
File:JR tokai shinkansen 0kei.jpg|0系
File:Shinkansen300.JPG|300系
File:JRW-500-nozomi.jpg|500系
File:JRW Shinkansen Series 700 B9 set.jpg|700系
</gallery>
 
10,436

回編集