「夫馬基彦」の版間の差分

編集の要約なし
'''夫馬 基彦'''(ふま もとひこ、[[1943年]][[12月2日]]<ref>『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.463</ref> - )は、[[日本]]の[[小説家]]、[[連句]]人(俳号南斎)、元[[日本大学]]教授。妻はノンフィクション作家の[[田村志津枝]]<ref>http://www.hokushinhouse.com/pt_ponchan/vol35</ref>。
 
== 経歴 ==
[[愛知県]][[一宮市]]生まれ。[[愛知県立旭丘高等学校]]卒後、[[早稲田大学]][[第一文学部]]仏文学専修中退。[[1967年]]パリへ旅立ち、のちインドを放浪。[[1977年]]小説「宝塔湧出」で[[中央公論新人賞]]。その後「第8次[[早稲田文学]]」に編集委員・選考委員として参加。[[1987年]]~[[1988年]]「緑色の渚」「金色の海」「紅葉の秋の」で3回[[芥川龍之介賞|芥川賞]]候補になる。1997年[[日本大学芸術学部]]文芸学科助教授、2002年教授(小説、連句を担当)。2010年定年退職。
 
 
== 著書 ==
*熱と瞑想 あるインド紀行 鳥書房 1973
*印度巡礼 ジャパン・パブリッシャーズ 1978.2
*塔と花そしてインド ジャパン・パブリッシャーズ 1978.5
*夢現(「宝塔湧出」収録)中央公論社 1980.9
*美術館のある町へ 創隆社 1984.9
*楽平・シンジ そして二つの短篇 福武書店 1985.9
*金色の海 福武書店 1988.3
*紅葉の秋の 福武書店 1988.8
*六月の家 福武書店 1989.3
*菊とヒッピーと孤独 福武書店 1990.7
*風の塔(長編)講談社 1991.7
*美しき月曜日の人々(美術家列伝)講談社 1994.3
*恋の呼び出し、恋離れ(連句小説)中央公論社 1995.7
*籠抜け・天の電話 集英社 2001.5
*按摩西遊記 講談社 2006.6
*オキナワ大神の声 飛鳥新社 2009.6
 
==脚注==