「酒井正親」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[三河国]][[坂井郷]]出身。[[酒井清秀]]の子として誕生。
 
主君・家康の初陣に付き従い、その働きを感嘆している<ref>『[[徳川実紀]]』(東照宮御実紀)</ref>。家康が人質として[[駿府]]に送られた際には、行動を共にして駿府に行っている。[[永禄]]4年([[1561年]])に三河[[西尾城]]を攻め、落城後に城主となった。
 
[[天正]]4年([[1576年]])6月6日、56歳で病死。墓地は[[愛知県]][[岡崎市]]の[[龍海院]]。なお、[[兵庫県]][[姫路市]]の[[姫路神社 (姫路市)|姫路神社]]は、[[姫路藩]]主の祖である正親を祭神としている。
匿名利用者