「中村哲 (医師)」の版間の差分

2019年12月4日、アフガニスタンの東部[[ナンガルハル州]]の州都[[ジャラーラーバード]]において、車で移動中に何者かに銃撃を受け、右胸に一発被弾した<ref>{{Cite news2|url=https://www.asahi.com/articles/ASMD453MSMD4TIPE01R.html|title=中村医師は右胸に被弾 ペシャワール会が会見|newspaper=アサヒ・コム| date=2019-12-04|agency=朝日新聞社|accessdate=2019-12-04}}</ref>。負傷後、現地の病院に搬送された際には意識があったが、さらなる治療の為に[[パルヴァーン州]][[バグラーム]]にある[[アメリカ軍]]の[[バグラム空軍基地]]へ搬送される途中で死亡した<ref>{{cite web | url = https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191204/k10012201951000.html?utm_int=news_contents_news-main_001 | title = アフガニスタンで銃撃された中村哲医師死亡 | work = NHKNEWSWEB | publisher = [[日本放送協会]] | accessdate = 2019-12-4 | archiveurl = http://archive.ph/Rqcop | archivedate = 2019-12-4}}</ref><ref name="Sankei 20191204">{{Cite news2|url=https://www.sankei.com/world/news/191204/wor1912040021-n1.html|title=中村哲医師が死亡 アフガン東部で銃撃|newspaper=産経ニュース| date=2019-12-04|agency=産業経済新聞社|accessdate=2019-12-04}}</ref><ref>{{Cite news2|url=https://www.sponichi.co.jp/society/news/2019/12/04/kiji/20191204s00042000291000c.html|title=中村医師、銃撃され死亡 アフガン東部を車で移動中 ペシャワール会で農業支援、運転手ら5人も|newspaper=Sponichi ANNEX| date=2019-12-04|agency=スポーツニッポン新聞社|accessdate=2019-12-04}}</ref>。なお、中村と共に車に同乗していた5名(運転手や警備員など)もこの銃撃により死亡した<ref name="Sankei 20191204"/>。中村が襲撃されたこの事件に対して[[ターリバーン]]は報道官が声明を発表し、組織の関与を否定<ref name="Sankei 20191204"/><ref>{{Cite news2|url=https://mainichi.jp/articles/20191204/k00/00m/030/144000c|title=中村哲さん銃撃 タリバン報道官「関与していない」|newspaper=デジタル毎日| date=2019-12-04|agency=毎日新聞社|accessdate=2019-12-04}}</ref>。一方で[[アフガニスタンの大統領|アフガニスタン大統領]]の[[アシュラフ・ガニー]]は「テロ事件である」とする声明を発した<ref>{{Cite news2|url=https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000170882.html|title=中村医師銃撃 アフガニスタン大統領「テロ」と断定|newspaper=テレ朝NEWS| date=2019-12-05|agency=テレビ朝日|accessdate=2019-12-05|archiveurl= https://archive.ph/5hBPf|archivedate= 2019-12-05}}</ref>。
 
日本の司法当局([[福岡県警察|福岡県警]][[刑法]]の[[国外犯]]規定を適用し、[[殺人罪 (日本)|殺人容疑]]で捜査を進めており、[[司法解剖]]の結果、死因は[[肝臓]][[損傷]]による[[失血死]]とみられると発表した。県警は[[刑法]]の[[国外犯]]規定を適用し、[[殺人罪 (日本)|殺人容疑]]で捜査を進めている<ref>[https://www.asahi.com/articles/ASMDB5WW3MDBTIPE028.html 中村さん、肝臓損傷による失血死か 福岡県警が司法解剖] 朝日新聞2019年12月11日</ref>。11日に地元で行われた告別式では、親交のあった[[明仁|上皇]]夫妻や[[秋篠宮文仁親王|秋篠宮]]夫妻などからも弔意が寄せられ、[[バシール・モハバット]]駐日アフガニスタン大使、[[久保千春]]九州大学長らが弔辞を読んだ<ref>[https://www.nishinippon.co.jp/item/n/567183/ 【動画あり】惜別と意志継承を誓う涙 福岡で中村哲医師の合同葬 各界から供花続々] 西日本新聞2019年12月11日</ref>。中村と同様にアフガニスタンへの医療支援を目的とするNPO法人[[カレーズの会]]を率いていた[[在日アフガニスタン人|アフガニスタン系日本人]]医師[[レシャード・カレッド]]は、[[中日新聞]]の取材に応じて、生前の中村について「互いの活動を励まし合い、相談し合う関係」であったと述べ、「寡黙で男らしく、優しい九州男児を絵に描いたような人だった」と中村の人柄を述懐して冥福を祈った<ref>[https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/tokai-news/CK2019120502000093.html 中村哲医師 アフガンで撃たれ死亡:朝夕刊:中日新聞しずおか:中日新聞(CHUNICHI Web)]</ref>。
 
同年12月23日、政府は中村への[[旭日小綬章]]の追贈と内閣総理大臣感謝状の授与を決定<ref>{{cite web | url = https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191223/k10012225191000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003 | title = 中村哲さんに旭日小綬章と感謝状授与へ 功績たたえる 政府| work = NHKNEWSWEB | publisher = [[日本放送協会|NHK]] | date = 2019-12-23 | accessdate = 2019-12-23 | archiveurl = http://archive.ph/h9LD2 | archivedate = 2019-12-23}}</ref>。27日に行われた授与式で授与式で内閣総理大臣・安倍晋三は遺族と面会し、「(中村さんは)アフガニスタン国民や難民のための医療活動、かんがい事業などで輝かしい業績を上げ、国際人道支援に多大な貢献をした」と生前の功績を称えた<ref>{{Cite web|title=中村哲さん叙勲伝達式 首相が感謝状「国際人道支援に多大な貢献」|url=https://mainichi.jp/articles/20191227/k00/00m/040/471000c|website=毎日新聞(2019年12月27日)|accessdate=2019-12-27|language=ja|publisher=}}</ref>。授与式の後に遺族は取材に応じ、「本当は無念で残念だが、みなさまの支援で継続してアフガニスタンで緑の大地が広がっていくことを願っている」「ぺシャワール会はこれからも継続していく。父も何より願っていることで、家族もそれが願いです」と語った<ref>{{Cite web|title=中村医師に首相感謝状 家族「緑の大地広がること願う」:朝日新聞デジタル|url=https://www.asahi.com/articles/ASMDW53PZMDWULFA02N.html|website=朝日新聞デジタル(2019年12月27日)|accessdate=2019-12-27|language=ja|publisher=}}</ref><ref>{{Cite web|title=中村哲さんに首相が感謝状 遺族「アフガンに緑の大地願う」|url=https://www.nishinippon.co.jp/item/n/572038/|website=西日本新聞ニュース(2019年12月27日)|accessdate=2019-12-27|language=ja|publisher=}}</ref>。授与式には駐日アフガニスタン大使の[[バシール・モハバット]]や、[[ペシャワール会]]の村上優会長らも立ち会った<ref>{{Cite web|title=首相、故中村医師に感謝状 遺族と面会|url=https://www.sankei.com/affairs/news/191227/afr1912270044-n1.html|website=産経ニュース|date=2019-12-27|accessdate=2019-12-27|language=ja|first=SANKEI DIGITAL|last=INC}}</ref>。
212

回編集