「愛と銃弾 (2017年の映画)」の版間の差分

上映に関する情報を追加。
(全角から半角へ。)
(上映に関する情報を追加。)
* {{Flagicon|JPN}} [[オンリー・ハーツ]]
}}
| 公開 = {{FlagiconPlainlist|JPN}} 2019年1月19日
* {{Flagicon|ITA}} 2017年10月5日
* {{Flagicon|JPN}} 2019年1月19日
}}
| 上映時間 = 134分
| 製作国 = {{ITA}}
殺害を命じられた相手がかつての恋人と知った殺し屋が組織を裏切って彼女と逃走する姿を描いている<ref name="wowow">{{Cite web|url=https://www.wowow.co.jp/detail/115677|title=愛と銃弾|publisher=[[WOWOW]]|accessdate=2020-03-23}}</ref>。
 
{{仮リンク|第63回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞|it|David di Donatello 2018}}で[[ダヴィッド・ディ・ドナテッロ作品賞|作品賞]]ほか計5部門を受賞している<ref name="wowow" />。
 
2017年8月末から9月にかけて開催された[[第74回ヴェネツィア国際映画祭]]で初上映された<ref>{{Cite news|author=Raffaella Serini|date=2017-09-06|url=https://www.vanityfair.it/show/cinema/2017/09/06/venezia-74-amore-e-malavita-manetti-bros-coliandro-claudia-gerini-film|title=Venezia 74, Ammore e Malavita dei Manetti Bros.: che spasso, questa camorra!|newspaper=VanityFair.it|language=イタリア語|accessdate=2020-03-23}}</ref>。
日本では2018年4月末から5月にかけて開催された「イタリア映画祭2018」で上映された<ref>{{Cite web|url=http://www.asahi.com/italia/2018/works/|title=作品情報|work=イタリア映画祭2018 公式サイト|publisher=[[朝日新聞]]|accessdate=2020-03-23}}</ref>後、2019年1月19日から一般上映された。
 
== ストーリー ==