「オランピア (絵画)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
== 解説 ==
マネはこの作品を[[1865年]]の[[サロン・ド・パリ|サロン]](官展)に出品し、作品自体は入選したが、『草上の昼食』と同様に「現実の裸体の女性」を描い主題とした事が批判された。その理由として、『オランピア』という名が当時のパリにおける[[娼婦]]の通称であったこと、花束を持った黒人女性が裸体の白人女性の召使として描かれていること、当作品でベッドに横たわっている裸体の女性は[[サンダル]]と首に巻いたひもを身につけているが、このような表現は当時主流の[[アカデミック絵画]]において考えられていた神話や歴史上の出来事を描いた絵画に登場する裸体の女性とは異なっており、裸体の女性が当時の娼婦を表している事が明らかであった事が批判も非難の対象となった。
 
[[ナポレオン3世]]の時代は空前の売春時代だった。黒猫は「女性器」をも意味した。また、マネは日本の[[浮世絵]]の影響によって、[[ルネサンス]]以来の奥行きのある空間表現や立体感をつけるための陰影を切り捨てた。奥ており、前後配置されているはずの2とオランピアの登場人物は同じ大きさになっ描かれている。また、[[ラファエロ]]のような伝統的絵画が賞賛された時代にあっては裸体が理想化されておらず平坦なために、下品なメスゴリラなどと酷評された。<ref>有地京子『オルセーはやまわり』([[中央公論新社]])p.40f.</ref>
 
[[Image:Tizian 102.jpg|thumb|200px|ティツィアーノ作『ウルビーノのヴィーナス』]]
全体的な構図は、[[1538年]]に[[ティツィアーノ・ヴェチェッリオ|ティツィアーノ]]が描いた『[[ウルビーノのヴィーナス]]』の構図を借用したものである<ref>{{Cite book|和書 |author = [[宮下規久朗]] |year = 2013 |title = 欲望の美術史 |publisher = [[光文社]] |page = 166 |isbn = 978-4-334-03745-1}}</ref>。また、右側で尻尾を立てている黒猫は{{要出典|date=2020年3月|範囲=1865年のサロン出品の直前には、画面右端にマネ自身によって黒い猫が加筆された}}(黒猫は「女性器」隠語った)
 
なお、裸体の女性のモデルは、『草上の昼食』などの1860年代~1870年代前半のマネの多くの作品でモデルを務めた[[ヴィクトリーヌ・ムーラン]]、のちに著名な画家となった女性だである
 
== 他作品への影響 ==
65

回編集