「長艸敏明」の版間の差分

事実と異なる部分を削除
(経歴の訂正)
(事実と異なる部分を削除)
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
1996年  衆議院本館議長室欄間孔雀文・復元・新調
 
19981999年  飛騨高山祭長崎おくんち屋台懸装制作傘鉾龍・虎)、京都祇園祭・白楽天山(見送り幕)修復
 
1999年  京都祇園祭・保昌山(見送り幕)修復 、長崎おくんち・傘鉾(飾り幕)修復
 
2000年  平成創作能衣装・小袖展(東京 草月会館)
 
2002年  パリ春夏コレクション協力(ジャン・ルイ・シェレルコレクション) 、中之島公会堂 特別室タペストリー 復元・新調(大阪)
 
2003年  相国寺 法被八角龍 復元・新調(京都)
 
2004年  京刺繡~長艸敏明・純恵の世界展(名古屋 古川美術館 為三郎記念館)
​2017 年 京都刺繍協同組合 理事長就任
 
2019 年 「京の名工」に認定「繍えども繍えども」 講談社 出版  出版記念特別展「繍えども繍えども」(京都 妙顕寺)
 
 
 
妻は[[長艸純恵]]。刺繍作家・服飾デザイナー・京繍伝統工芸士。夫の重厚で伝統と革新が詰まった作品に対し、女性的な魅力を持ち、美しくも優しい作品には女性を中心とした多くの愛好者がいる。代表作に繍半襟「源氏物語五十四帖」、繍団扇「花源氏物語」などがある。