「痩身」の版間の差分

サイズ変更なし 、 2 か月前
m
[[File:Le Vachez Collection - Jean Anthelme Brillat-Savarin (1755-1826).jpg|thumb|150px|[[ジャン・アンテルム・ブリア=サヴァラン]]]]
[[File:Thomas Hawkes Tanner 1868.jpg|thumb|150px|[[トマス・ホークス・タナー]]]]
「太りたくないのなら、炭水化物を避けなさい」と指導する食事法は奇抜でも斬新でもなく、歴史上何度も登場している。方法論がどうであれ、「炭水化物を極力避ける」という点においては、バンティングをめ、過去の様々な人物が実践してきた食事法と同じである。なお、1960年代以降、「[[動物性脂肪]]を豊富に含む動物性食品は、健康に悪影響を及ぼす可能性がある」と言われるようになると、栄養学者たちは、「動物の肉には、生命維持に欠かせない全ての必須アミノ酸、全ての必須脂肪酸、13種類ある必須ビタミンのうちの12種類がたくさん含まれている」という栄養学上の事実の指摘を控えるようになった<ref name="Why we get fat"></ref>。
 
* [[ジャン・アンテルム・ブリア=サヴァラン]]( '''Jean Anthelme Brillat-Savarin''' )は、19世紀前半に出版した著書『味覚の生理学』( 『''Physiologie du Goût''』 )の中で、
2,527

回編集