「航空会社コード」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== IATA航空会社コード(2レターコード) ==
{{Anchor|IATA航空会社コード}}(IATA Airline Designators)の2レターコードは[[国際航空運送協会]] (IATA) により定められており、世界各地の航空会社に割り当てられている。主に[[航空券]](特に国際線)や[[旅行代理店]]でのデータ処理など、旅行業関連の商用ベースで使用されている。形式は[[アルファベット]]2文字、またはアルファベット1文字+[[数字]]1文字 である。この場合、数字部分は[[名義尺度]]の一部に過ぎず、'''数字部分の大小や比率などに意味はない'''。例えば、[[ヤクーツク航空]]の2レターコードは「R3」であるが「3歳未満搭乗禁止」という意味ではない。アルファベット1文字+数字1文字の場合、便名を表示した際に[[エアアジアX]]の「D7537便」のようにコードの数字と便名が一連の組み合わせに見えてしまうが、アルファベット1文字のみがコードとして割り当てられることはない。この場合は航空会社コードが「D7」、便名が「537」である。
 
コードの2文字は自由に付与することができるが、基本的に先願主義(早い者勝ち)なので、早く申請した航空会社には、会社の略称にちなんだコードが割り当てられていたことが多かった。また、新興航空会社などだと、アルファベットだけでは足りないため、数字が入ったコードを使っているところも多い。([[ダリアビア航空]]=H8、[[ユナイテッド・パーセル・サービス]]=5Xなど)加えて、同じコードを、異なる地域の複数の航空会社に割り当てる場合もある。例えば、かつて日本に存在していた[[ハーレクィンエア]]に当てられていたJHは、同時期に[[ブラジル]]に存在していた{{仮リンク|ノルデステ航空|en|Nordeste_Linhas_Aéreas_Regionais}}にも与えられていた(現在、JHは[[フジドリームエアラインズ]]に割り当てられている)。2レターコードが変更された例は[[ニュージーランド航空]](TE→NZ)、[[ソラシドエア]](6J→LQ→6J)などがある。合併や倒産により存在しなくなった会社の2レターコードが、後に別の会社のコードとして採用されることもある。その例として日本航空と合併した[[日本エアシステム]]が使用していたJD(前身のひとつである日本国内航空"Japan Domestic Airlines"に由来する2レターコードである)が、現在は[[中華人民共和国]]の新興航空会社である[[北京首都航空]]が使用している。日本航空グループ内で[[JALエクスプレス]]が日本航空に吸収された時、[[日本エアコミューター]]がそれまで使っていたコードを3Xから元JALエクスプレスのJCへと変更した。
匿名利用者