「アンソニー・スミス (格闘家)」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
2018年10月27日、[[UFC Fight Night: Volkan vs. Smith]]でライトヘビー級ランキング2位の[[ヴォルカン・オーズデミア]]と対戦。序盤はオーズデミアの打撃とプレッシャーに苦戦を強いられたものの、それ以降は徐々に打撃をヒットさせ、3Rにはスタミナ切れを起こしたオーズデミアからテイクダウンを奪い、そのまま[[裸絞|リアネイキドチョーク]]で一本勝ち。2試合連続となるパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。
 
[[2019年]]3月2日、[[UFC 235]]のUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチで王者[[ジョン・ジョーンズ]]に挑戦。4Rに反則である、相手が片手を付いた状態での顔面への膝蹴りを貰い(ただしこれは2017年に採択された新ユニファイドルールでは反則ではなく、全米でグラウンド状態のルールが統一されていないため試合開催地の[[ネバダ州]]や[[テキサス州]]などでは反則だが、[[ニューヨーク州]]や[[カリフォルニア州]]などでは反則では無い<ref>[https://www.mmafighting.com/2019/4/16/18358920/abc-survey-at-least-10-different-mma-rulesets-being-used-in-north-america ABC survey: At least 10 different MMA rulesets being used in North America]MMA Fightiting 2019年4月16日</ref>)、ジョーンズは2ポイント減点されるものの、終始劣勢に立たされ、ポイントが覆ることはなく0-3の5R判定負け。王座獲得に失敗した。
 
2019年6月1日、[[UFC Fight Night: Gustafsson vs. Smith]]でライトヘビー級ランキング2位の[[アレクサンダー・グスタフソン]]と対戦し、4Rにリアネイキドチョークで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。