「杉本義宗」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
| 画像説明 =
| 時代 = [[平安時代]]末期
| 生誕 = [[大治]]元年([[1126年]]
| 死没 = [[長寛]]2年([[1164年]]
| 改名 =
| 別名 = 通称:太郎
'''杉本 義宗'''(すぎもと よしむね)は、[[平安時代]]後期の[[武将]]。[[三浦義明]]の嫡男。母は不明。通称は太郎。子に[[和田義盛]]。
 
== 生涯 ==
 
[[三浦半島]]を出て[[鎌倉郡]][[杉本郷]]に居を構えて[[杉本城]]を築城した。同地は三浦氏の勢力下で六浦道を抑える要衝であった。義宗は三浦氏の[[勢力]]が及ぶ[[安房国]]に[[水軍]]率いて出陣し、[[長狭常伴]]と合戦に及び待ち構えていた長狭勢からの矢傷が原因で杉本城内で亡くなった。
その後は義宗の長子、[[和田義盛]]は[[三浦郡]][[和田郷]]に拠点を構え、義宗の次男、[[和田義茂|義茂]]が入城し、杉本の[[家督]]と城を守った。
 
{{DEFAULTSORT:すぎもと よしむね}}
[[Category:杉本氏|よしむね]]
[[Category:平安時代の武士]]
[[Category:相模国の人物]]
[[Category:平安時代に戦死した人物]]
[[Category:1126年生]]
[[Category:1164年没]]
252

回編集