「三浦義村」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
| 氏名 = 三浦義村
| 時代 = [[平安時代]]末期 - [[鎌倉時代]]前期
| 生誕 = [[1160年]]~[[11651170年]]頃?{{Efn|1185年頃に生まれたと考えられる弟の胤義と母が同じなので、30歳以上の年の差があるとは考えにくい。}}
| 死没 = [[延応]]元年[[12月5日 (旧暦)|12月5日]]([[1239年]][[12月31日]])
| 改名 =
 
== 生涯 ==
=== 幕府創設期 ===
[[治承寿永]]4年([[11801182年]])[[源頼朝の妻[[北条政子|政子]]の挙兵に当安産祈願の祈祷の父・義澄は安房『[[天津神明宮|胤頼條庤明神]]』へ[[奉幣使]]とともに決断を促たともて遣わされ(『[[吾妻鏡]]治承4寿永元682711日条<ref group="注釈">これが義村の史料における初見である。</ref>[[史料建久]]元年([[1190年]])はみえないものの義村も当然参加していたものと[[兵衛府|右兵衛尉]]に任官されている。<!--[[三浦氏正治]]は代々元年([[河内源氏|源氏1199年]]に仕え、)の[[伊勢平氏|平氏梶原景時の変]]打倒に大きなでは中心的役割を果たしており一大勢力[[元久]]2年 ([[1205年]])の[[畠山重忠の乱]]でも討伐に参加。その後、無実の重忠を陥れたとして[[鎌倉幕府稲毛重成]]、[[榛谷要な地位朝]]占めてい殺害した。-->
 
[[寿永]]元年([[1182年]])には、頼朝の妻[[北条政子|政子]]の安産祈願の祈祷のため、安房『[[天津神明宮|東條庤明神]]』へ[[奉幣使]]として遣わされた(『吾妻鏡』寿永元年8月11日条<ref group="注釈">これが義村の史料における初見である。</ref>)。[[建久]]元年([[1190年]])に[[兵衛府|右兵衛尉]]に任官される。[[正治]]元年([[1199年]])の[[梶原景時の変]]では中心的役割を果たし、[[元久]]2年 ([[1205年]])の[[畠山重忠の乱]]でも討伐に参加。その後、無実の重忠を陥れたとして、[[稲毛重成]]、[[榛谷重朝]]を殺害した。
 
=== 和田合戦・実朝暗殺 ===
252

回編集