「病気」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{Otheruses|動物の病気|植物|植物病理学}}
{{Rquote|right|健康とは、身体的、精神的、社会的に完全な良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。|WHO憲章}}
'''病気'''(びょうき, Disease)、'''病'''(やまい)は、[[人間]]や[[動物]]の[[心]]や[[体]]に不調または不都合が生じた[[状態]]のこと。一般的に[[外傷]]などは含まれない。病気の類似[[概念]]としての、'''[[症候群]]'''(しょうこうぐん)、'''疾病'''(しっぺい)、'''疾患'''(しっかん)は、本記事でまとめて解説する。別の読みである、病気(やまいけ)は、病気が起こるような気配をいう。
 
病むという事は、身体的、精神的、社会的生活のどこかが不健康であるというサインである<ref name=care>{{Cite |和書|title=精神看護学I |edition=6 |author=吉松和哉 |author2=小泉典章|author3=川野雅資 |date=2010 |publisher=ヌーヴェルヒロカワ |isbn=978-4-86174-064-0 |page=71}}</ref>。人はこのサインを受け止め、日常生活を修正し、病因について管理・治療を受ければ、多くの病気は早期に消失し、今まで以上に健康な日常生活を手に入れることができる<ref name=care/>。すなわち病むという体験は、これまでの身体的、精神的、社会的生活を振り返り、己の生き方、価値観、時間の使い方などを振り返って見直す機会である([[セルフケア不足看護理論]])<ref name=care/>。病むことは、これまでと違った新しい人生を手に入れ、自己成長を得る切っ掛けとなるのである<ref name=care/>。