「ワンダーストラック」の版間の差分

仮リンクの追加。
(プロジェクト:映画/映画作品スタイルガイドを適用。外部リンクを追加。出典を詳細化。)
(仮リンクの追加。)
| 画像解説 =
| 監督 = [[トッド・ヘインズ]]
| 脚本 = [[{{仮リンク|ブライアン・セルズニック]]|en|Brian Selznick}}
| 原案 =
| 原作 = {{Based_on|『''[[:en:Wonderstruck (novel)|Wonderstruck]]''』|ブライアン・セルズニック『''Wonderstruck''』}}
| 製作 = [[パメラ・コフラー]]<br>[[{{仮リンク|ジョン・スロス]]|en|John Sloss}}<br>[[{{仮リンク|クリスティーン・ヴェイコン]]|en|Christine Vachon}}
| 製作総指揮 = [[ブライアン・ベル]]<br>[[サンディ・パウエル]]
| ナレーター =
| 出演者 = [[オークス・フェグリー]]<br>[[ジュリアン・ムーア]]<br>[[ミシェル・ウィリアムズ (女優)|ミシェル・ウィリアムズ]]<br>[[{{仮リンク|セント・シモンズ]]|en|Millicent Simmonds}}
| 音楽 = [[カーター・バーウェル]]
| 主題歌 =
| 撮影 = [[エドワード・ラックマン]]
| 編集 = [[{{仮リンク|アフォンソ・ゴンサウヴェス]]|en|Affonso Gonçalves}}
| 製作会社 = [[キラー・フィルムズ]]<br>[[{{仮リンク|シネティック・メディア]]|en|Cinetic Media}}<br>[[ピクロウ・フィーチャーズ]]<br>[[{{仮リンク|フィルムネイション・エンターテインメント]]|en|FilmNation Entertainment}}
| 配給 = {{Flagicon|USA}} [[アマゾン・スタジオズ]],/[[ロードサイド・アトラクションズ]]<br>{{Flagicon|JPN}} [[KADOKAWA]]
| 公開 = {{Flagicon|USA}} [[2017年]]10月20日<br>{{Flagicon|JPN}} [[2018年]]4月6日
| 上映時間 = 117分
| 次作 =
}}
『'''ワンダーストラック'''』(''Wonderstruck'')は[[2017年の映画|2017年]]の[[アメリカ合衆国の映画|アメリカ合衆国]]の[[ドラマ映画]]。監督は[[トッド・ヘインズ]]、主演は[[オークス・フェグリー]]が務めた。本作は{{仮リンク|ブライアン・セルズニック|en|Brian Selznick}}が[[2011年]]に上梓した小説『''[[:en:Wonderstruck (novel)|Wonderstruck]]''』を原作としている。
 
本作は2017年5月に開催された[[第70回カンヌ国際映画祭]]のコンペティション部門に出品され、[[パルム・ドール]]を争った<ref>{{Cite news|author=Nancy Tartaglione, Greg Evans|date=2017-04-13|url=https://deadline.com/2017/04/cannes-film-festival-2017-lineup-full-list-official-selection-1202068596/|title=Cannes Lineup: Todd Haynes, Sofia Coppola, Noah Baumbach, ‘Twin Peaks’|newspaper=[[Deadline.com]]|language=英語|accessdate=2017-05-18}}</ref>。
 
===1927年===
1927年10月、[[ニュージャージー州]][[ホーボーケン (ニュージャージー州)|ホーボーケン]]。耳が聞こえない少女ローズはそれ故に学校に行くことが出来ず、家庭教師から勉強を教えてもらっていた。孤独感に苦しむ日々を送っていたローズは、アイドル的人気を博していた女優リリアン・メイヒューに会うために、[[ニューヨーク]]へと向かった。ニューヨークに到着したローズは、メイヒューが出演する舞台を見に行った。「会いたかった」と語るローズに対し、メイヒューは怒りを示した。メイヒューこそローズの生みの母親だったのである。父母の離婚後孤独に苦しみ続けたローズ博物館に勤める兄を頼る。
 
===1977年===
1977年6月、[[ミネソタ州]][[ガンフリント湖]]。少年ベンがそこで暮らしていた。ベンの母親であるエレインは町の図書館で働いていたが、ある日自動車事故で亡くなってしまい、叔母の家に身を寄せるが従兄弟とは不仲で居心地が悪い。ベンは父親の顔を覚えていなかったが、実の父親に会ってみたいという思いは強くなる一方であった。ある日、ベンは母親の遺品の中からしおりを見つけ。そこには「愛してるよ。ダニーより」と記されていた。このダニーこそが自分の父親だと確信したベンは、しおりに記されていた電話番号に電話をかけ。ベンが電話をしている最中、家に落雷があり、高圧電流が電話線に流れてしまった。それが原因でベンは聴力を失ってしまうのだった。ベンは父親を探すために病院から抜け出してニューヨークへ向かう決心をするのだった
 
==キャスト==
*ベン: [[オークス・フェグリー]] - ベン
*[[ジュリアン・ムーア]] - リリアン・メイヒュー/老境に入ったローズ: [[ジュリアン・ムーア]]
*エレイン・ウィルソン: [[ミシェル・ウィリアムズ (女優)|ミシェル・ウィリアムズ]] - エレイン・ウィルソン
*[[ローズ: {{仮リンク|ミリセント・シモンズ]]|en|Millicent - ローズSimmonds}}
*[[ジェニーおばさん: {{仮リンク|エイミー・ハーグリーヴズ]]|en|Amy - ジェニーおばさんHargreaves}}
*[[ジャネット: {{仮リンク|モーガン・ターナー]]|en|Morgan - ジャネットTurner}}
*ジェイミー: [[ジェイデン・マイケル]] - ジェイミー
*ジェイミーの父親: [[ラウル・トレス]] - ジェイミーの父親
*ウォルター: [[コーリー・マイケル・スミス]] - ウォルター
*老境に入ったウォルター: [[トム・ヌーナン]] - 老境に入ったウォルター
*[[キンケイド医師/ローズの父親: {{仮リンク|ジェームズ・アーバニアク]]|en|James - キンケイド医師Urbaniak}}
*ジル医師: [[アンソニー・ナタール]] - ジル医師
 
==製作==
[[2015年]]5月、ブライアン・セルズニックの小説『''Wonderstruck''』の映画化に際し、トッド・ヘインズが監督として起用されることになったという報道があった<ref>{{Cite news|author=Jeremy Kay, Andreas Wiseman|date=2015-05-18|url=https://www.screendaily.com/festivals/cannes/todd-haynes-is-wonderstruck/5088277.article|title=Todd Haynes is ‘Wonderstruck’|newspaper=Screen Daily|language=英語|accessdate=2017-05-18}}</ref>。11月にはジュリアン・ムーアの起用と、パメラ・コフラーとジョン・スロスの製作陣入りが報じられた<ref>{{Cite news|author=Mike Fleming Jr|date=2015-11-16|url=https://deadline.com/2015/11/julianne-moore-todd-haynes-wonderstruck-carol-far-from-heaven-1201625626/|title=Julianne Moore To Reteam With Todd Haynes On ‘Wonderstruck’|newspaper=[[Deadline.com]]|language=英語|accessdate=2017-05-18}}</ref>。[[2016年]]4月には、ジェイデン・マイケル、コーリー・マイケル・スミス、オークス・フェグリー、エイミー・ハーグリーヴズ、ミシェル・ウィリアムズの出演が決まっていった<ref>{{Cite news|author=Justin Kroll|date=2016-04-08|url=https://variety.com/2016/film/news/michelle-williams-julianne-moore-todd-haynes-wonderstruck-1201749476/|title=Michelle Williams to Star With Julianne Moore in Todd Haynes’ ‘Wonderstruck’|newspaper=[[バラエティ (アメリカ合衆国の雑誌)|Variety]]|language=英語|accessdate=2017-05-18}}</ref><ref>{{Cite news|author=Erik Pedersen|date=2016-04-19|url=https://deadline.com/2016/04/sam-richardson-vanessa-bayer-office-christmas-party-jaden-michael-wonderstruck-1201740317/|title=Sam Richardson & Vanessa Bayer RSVP For ‘Office Christmas Party’; Jaden Michael Gets ‘Wonderstruck’|newspaper=[[Deadline.com]]|language=英語|accessdate=2017-05-18}}</ref><ref>{{Cite news|author=Ross A. Lincoln|date=2016-04-22|url=https://deadline.com/2016/04/oakes-fegley-wonderstruck-erick-chavarria-office-christmas-party-1201742397/|title=‘Pete’s Dragon’ Star Oakes Fegley Lands Leading Role In ‘Wonderstruck’; Erick Chavarria Attends ‘Office Christmas Party’|newspaper=[[Deadline.com]]|language=英語|accessdate=2017-05-18}}</ref><ref>{{Cite news|author=Ross A. Lincoln|date=2016-04-21|url=https://deadline.com/2016/04/cory-michael-smith-wonderstruck-max-greenfield-glass-castle-1201741074/|title=Cory Michael Smith Joins ‘Wonderstruck’; Max Greenfield Entering ‘Glass Castle’|newspaper=[[Deadline.com]]|language=英語|accessdate=2017-05-18}}</ref>。5月にはジェームズ・アーバニアクの出演が決まった<ref>{{Cite news|author=Ross A. Lincoln|date=2016-05-17|url=https://deadline.com/2016/05/wonderstruck-todd-haynes-james-urbaniak-joins-cast-1201758280/|title=James Urbaniak Joins Todd Haynes’ ‘Wonderstruck’|newspaper=[[Deadline.com]]|language=英語|accessdate=2017-05-18}}</ref>。ローズ役には[[聾者]]の女優、ミリセント・シモンズが起用された。ローズがメインとなる1927年の物語には聾者の俳優が多く出演している<ref name="Dead"></ref>。
 
2016年5月4日、本作の主要撮影が[[ニューヨーク州]]の[[{{仮リンク|ピークスキル]]|en|Peekskill, New York}}で始まった<ref>{{Cite news|author=Christine|date=2016-05-02|url=https://www.onlocationvacations.com/2016/05/02/tuesday-may-3-filming-locations-ydkk-wonderstruck-series-unfortunate-walking-dead-blacklist/|title=Tuesday, May 3 Filming Locations for YDKK, Wonderstruck, A Series of Unfortunate Events, The Walking Dead, The Blacklist, & more!|newspaper=On Location Vacations|language=英語|accessdate=2017-05-18}}</ref><ref>{{Cite news|author=|date=2016-05-06|url=https://www.lohud.com/picture-gallery/news/local/2016/05/05/todd-haynes-production-of-wonderstruck-being-filmed-in-peekskill/83976914/|title=Todd Haynes production of Wonderstruck being filmed in Peekskill|newspaper=lohud.com|language=英語|accessdate=2017-05-18}}</ref>。本作の製作工程は2016年7月3日に終わった<ref>{{Cite web|url=https://twitter.com/kvpi/status/749243307641933824|title=23:08 - 2016年7月2日 |publisher=[[Twitter]]|language=英語|accessdate=2017-05-18}}</ref>。
 
==評価==
本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトの[[Rotten Tomatoes]]には119件のレビューがあり、批評家支持率は70%、平均点は10点満点で6.7点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ワンダーストラック』は時間軸と色調の転換を上手く活かそうとしているが、上手く行っていない箇所が散見される。しかし、全体としては心温まる旅物語となっており、その視覚的スリルはタイトル通りのものとなっている。」となっている<ref>{{Cite web|url=https://www.rottentomatoes.com/m/wonderstruck/|title=Wonderstruck (2017)|publisher=[[Rotten Tomatoes]]|language=英語|accessdate=2017-11-06}}</ref>。また、[[Metacritic]]には39件のレビューがあり、加重平均値は72/100となっている<ref>{{Cite web|url=https://www.metacritic.com/movie/wonderstruck|title=Wonderstruck Reviews|publisher=[[Metacritic]]|language=英語|accessdate=2017-11-06}}</ref>。
 
『[[ハリウッド・ポーター]]』の[[デヴィッド・ルーニー]]は「絵の魔術と沈黙の神秘性で成立している。この作品は子供たちの成長を描き出す映画の定石からは外れている」と評している<ref>{{Cite news|author=David Rooney|date=2017-05-18|url=https://www.hollywoodreporter.com/review/wonderstruck-review-cannes-2017-1004568|title='Wonderstruck': Film Review | Cannes 2017|newspaper=[[ハリウッド・リポーター|The Hollywood Reporter]]|language=英語|accessdate=2017-05-23}}</ref>。『[[{{仮リンク|インディワイアー]]|en|IndieWire}}』の[[デヴィッド・エーリッヒ]]は「観客の心を感動で奮い立たせてくれる。冷めた視線の映画ではない。」と述べている<ref>{{Cite news|author=David Ehrlich|date=2017-05-18|url=https://www.indiewire.com/2017/05/wonderstruck-review-todd-haynes-brian-selznick-cannes-1201818831/|title=Cannes Review: With ‘Wonderstruck,’ Todd Haynes Returns With A Profoundly Moving Fable For All Ages|newspaper=IndieWire|language=英語|accessdate=2017-05-23}}</ref>。
 
==出典==