「利用者:More blessing/sandbox」の版間の差分

編集の要約なし
[[File:Meister der Kahriye-Cami-Kirche in Istanbul 005.jpg|thumb|300px|マリヤとヨセフの住民調査を前にした総督クレニオ、コンスタンティノープルのコーラ教会のビザンチンモザイク]]
 
'''プブリウス・スルピキウス・クィリニウス'''({{llang|la|言語記事名=古典ラテン語|'''Publius Sulpicius Quirinius (c. 51 BC – AD 21)'''|プブリウス・スルピキウス・クィリニウス}}
は、[[ローマ帝国]]の[[シリヤ・キリキヤ]][[属州総督|総督]](在任:[[6年]] - [[9年]])。ルカの福音書2章2節で「全世界の[[住民登録]]」を行ったとされる総督として知られる。ヨセフォスによると、「キュリニオス」「クイヌリス」
、異読に、「キュレーニオス」、ラテン語版では「キリニウス」、「キリヌス」などがある。
自治市ラーヌウィウムの出身で、ローマ軍兵士として戦い、前12年、皇帝[[アウグストゥス]]の元、ローマ市の[[コンスル]](執政官)に選ばれた。間もなくして、[[ガラテヤ]]の南境の山地部族、[[ホモナデンセス家]]との戦いを指揮して、勝利を収め、凱旋将軍顕章を授かり、前3年[[アジア州]]の総督になった。
 
紀元3年から4年まで、[[ガイウス・カエサル|ガイウス・カイザリヤ]]の[[アルメニヤ遠征]]に後見人として同行する。
紀元6年から9年、皇帝アウグストゥスにより、民族の統治者・財産査定官として、シリヤ・キリキヤ地方に派遣された。同時に、騎士階級であったコーポーニオスも総督としてユダヤ人を統治するために派遣された。キュリニウスは、ユダヤ人の財産を査定して、アルケオラスの資産を処分した。このことで、ユダヤ人が衝撃を受けたが、大祭司ヨーアザロスの説得により、財産登録に応じた。