「ユニセックス」の版間の差分

→‎手法と経緯: 「近年」では、いつのことか分からなるので、明確に年代を記してください。
({{脚注の不足|date=2020年4月}}{{単一の出典|date=2020年4月}})
(→‎手法と経緯: 「近年」では、いつのことか分からなるので、明確に年代を記してください。)
 
男性用の衣服で普通女性が着るとは思えない服([[背広]]など)を女性が着たり、逆に女性用の衣服で普通男性が着るとは思えない服([[スカート]]など)を男性が着たりする場合は「クロスドレッシング」といい、ユニセックスとは異質の傾向とみなされる場合が多いが、その境界はかなり曖昧である。たとえば女性用のブラウスやホットパンツを男性が着る場合、人によってはファッションとして着こなしてしまう人もいる。(クロスドレッシングは「[[異性装]]」とは別のものと考えられるが、両者の境目も曖昧である)
 
近年ユニセックスの服装・髪型が増えている背景には、'''異性の服にしかない特徴を求める'''点がある。
これまで女性向けの服装とされてきたものが、女性の社会進出が進んだ現在、必ずしも機能的ではなく、そこで男性用の衣類に手を出す人が増えている一方で、ファッションに凝る男性の中には男性向けの装飾性の低い服に飽きたらず、デザインやカラーバリエーションの豊かな女性用の衣類を何とか着こなそうとしている人たちが出てきていることなどが考えられる。