「オリエンテーション (教育)」の版間の差分

(カナダについての記述の重複を整理)
(→‎アメリカ合衆国: リンク修正)
== 学生オリエンテーションの歴史 ==
=== アメリカ合衆国 ===
現代社会において、学生オリエンテーションのプログラムは、学生たちの[[中等教育]]後への移行を指導し、支援することを目的としている。それぞれの教育機関は様々なやり方で新入生の歓迎・移行・支援をおこなって、新たな教育の経験へと学生たちが入っていけるようにしている。あらゆる機関は、何らかの学生オリエンテーションを古くからやっていたようにも思われるが、オリエンテーションという仕組みを開発したのは[[ボストン大学]]で、[[1888年]]のことであった<ref name=":0">{{Cite web|url=https://files.eric.ed.gov/fulltext/ED558878.pdf|format=PDF|title=Designing Successful Transitions: A Guide to Orienting Students to College|last=Ward-Roof|first=Jeanine|date=|website=|url-status=live|archive-url=|archive-date=|accessdate=2020-04-03|page=3}}</ref>。オリエンテーションは、[[学問]]の世界における学生の役割について、当の学生たちにしっかり認識させようと、教授陣が生み出したものであった。教授陣が学生オリエンテーションの中心だったのは、[[1920年]]頃までのことであった<ref name=":0" />。1920年以降は、こうしたオリエンテーションのあり方に大きな変化が起こった。教育機関の事務職員がオリエンテーションの発展に大きく関わるようになっていったのである。特に、1960年代から1970年代にかけては、[[部局長 (教育組織の役職)|部局長]]たちが、「親代わり」を意味する[[イン・ロコ・パレンティス]] (''[[:en:In loco parenthisIn_loco_parentis|in loco parentis]]'') として、高等教育機関の基礎となるオリエンテーション、移行、在籍に関わる様々なプログラムの中心にいた<ref name=":1">{{Cite book|last=Mason|first=Roberta|title=Achieving Student Success: Effective Student Services in Canadian Higher Education|publisher=McGill University Press|year=2010|isbn=9 780773 536227|location=|pages=66–76}}</ref>。[[1948年]]には、学生オリエンテーションについて議論する初めての機会が設けられ、役職者、事務職員、学長たちが集まった。この集会から、全国オリエンテーション指導者連合 (National Orientation Directors Association, NODA) が結成された。
 
=== カナダ ===