「事情聴取」の版間の差分

編集の要約なし
{{半保護}}
{{law}}
'''取調べ'''(とりしらべ)は[[捜査機関]]が[[被疑者]]や[[参考人]]の[[出頭]]を求めて、[[犯罪]]に関する事情を聴取すること。被疑者が[[逮捕]]または[[勾留]]されている場合は退去することができないが、[[供述]]するかどうかについては任意であり、被疑者の取調べに際しては、特にその旨が告知されなければならない。'''事情聴取'''(じじょうちょうしゅ)も同じ意味で使われることが多いが、逮捕・勾留されている被疑者の場合は事情聴取とはいわない<ref>(株)[[朝日新聞出版]]発行「とっさの日本語便利帳」取調べと事情聴取(読み)トリシラベ/ジジョウチョウシュ</ref>。
 
'''事情聴取'''(じじょうちょうしゅ)とは、[[検察庁]]・[[警察署|司法警察署]]などの[[捜査#捜査機関|捜査機関]]が、[[被疑者]]や[[参考人]]の[[自首|出頭]]を求めて、[[犯罪]]に関する事情を聴取すること<ref>[https://kotobank.jp/word/取調-2068406 取調(読み)とりしらべ 精選版 日本国語大辞典の解説]</ref>。'''取り調べ'''とも<ref>[https://kotobank.jp/word/取調べと事情聴取-898306 取調べと事情聴取 - コトバンク]</ref>。
 
[[捜査機関]]は、[[犯罪]]の[[捜査]]をするため必要があるときは、[[被疑者]]の[[出頭]]を求め、これを取り調べることができる([[刑事訴訟法]]198条1項)。ただし、被疑者は出頭を拒むことができる(同法198条1項但書)。取調べに際しては、あらかじめ、自己の意思に反して供述する必要がない旨の[[黙秘権|供述拒否権]]を告げなければならない(同法198条2項)。被疑者の供述は[[調書]]に録取され(同法198条3項)、これを被疑者に閲覧させ、または読み聞かせて誤りがないかどうかを問い、被疑者が増減変更の申立てをしたときは、その供述を調書に記載し(同法198条4項)、被疑者に署名押印を求めることができる(同法198条5項)。この供述調書は後の[[公判]]で[[証拠]]とされることが多い(同法322条1項)。刑事訴訟法第198条第1項は、被疑者が身柄を拘束されているかどうかを問わず[[捜査]]官による被疑者の取調べを規定している。同法第198条第1項但書で、被疑者は、[[逮捕]]または[[勾留]]されている場合を除いては、出頭を拒みまたは出頭後いつでも退去することができると規定しているため、実務上、被疑者が逮捕または勾留されている場合には[[取調受忍義務|取調室への出頭義務および取調室での滞留義務]]があると解されており、判例でも、身体の拘束を受けている被疑者に取調べのために出頭し、滞留する義務があると解することが、ただちに被疑者からその意思に反して供述することを拒否する自由を奪うことを意味するものでないことは明らかであるとしている(最高裁判所大法廷平成11年3月24日判決)<ref name="kotobank"> 田口守一「取調べ」『[[日本大百科全書]]』 </ref>。
212

回編集