「一宮市立市民病院」の版間の差分

編集の要約なし
|特記事項=
}}
 
'''一宮市立市民病院'''(いちのみやしりつしみんびょういん)は、[[愛知県]][[一宮市]]にある[[医療機関]]。一宮市病院事業の設置等に関する条例(昭和41年12月28日条例第41号)により設置された市立の[[病院]]である。
 
== 沿革 ==
* [[1936年]]([[昭和]]11年):一宮市診療所として、一宮市西之町23に開業。
* [[1939年]](昭和14年):一宮市立市民病院に改称。
* [[1945年]](昭和20年):空襲で全焼。別の市施設で仮診察。
* [[1949年]](昭和24年):現在地に新築移転。
* [[1955年]](昭和30年):[[萩原町 (愛知県)|萩原町]]が一宮市に編入され、萩原町立萩原病院<ref>1951年7月開院</ref>が一宮市に移管。一宮市立国民健康保険直営萩原病院となる。
* [[1962年]](昭和37年):[[日本赤十字社]]愛知県支部葉栗診療所<ref>1951年、一宮市大字島村字南裏山95に設置された診療所。診療科は内科、小児科。</ref>が一宮市に移管され、一宮市市民病院葉栗診療所となる。
* [[1966年]](昭和41年):一宮市立国民健康保険直営萩原病院が一宮市萩原町萩原字河原79に新築移転(病床数70 内科・外科・眼科・産婦人科・耳鼻咽喉科・放射線科)。
* [[1969年]](昭和44年):葉栗診療所を廃止。
* 1969年(昭和44年):一宮市立国民健康保険直営萩原病院を大幅縮小。有床診療所(19床)<ref>1978年に病床は廃止。</ref>として一宮市市民病院付属萩原診療所に改称。
* [[1973年]](昭和48年):本館完成。
* [[1977年]](昭和52年):今伊勢病院(後の[[一宮市立市民病院今伊勢分院]]→民間移譲により閉院)と組織統合。
* [[1978年]](昭和53年):今伊勢病院付属休日急病診療所<ref>1974年、一宮市神山3丁目7-20に開院。</ref>の管理を市民病院に変更。
* [[1987年]](昭和62年):休日急病診療所を一宮市貴船町3丁目2に新築移転。休日・夜間急病診療所となる。
* [[1988年]](昭和63年):新館(現、東館)完成。
* 1988年(昭和63年):萩原診療所を廃止。
* [[2003年]]([[平成]]15年):臨床研修指定病院に指定。
* [[2004年]](平成16年):南館完成。
* [[2004年]](平成16年):病院機能評価の認定。
* [[2005年]](平成17年):電子カルテの導入。
* [[2007年]](平成19年):地域がん診療連携拠点病院に指定。
* [[2007年]](平成19年):[[災害拠点病院]](地域災害医療センター)に指定。
* [[2009年]](平成21年):新南館完成(東館を「北館」に呼称変更)
* [[2010年]](平成22年):救命救急センター稼働。
* [[2010年]](平成22年):[[愛知県立循環器呼吸器病センター]]と統合。
 
== 診察科・専門外来 ==
=== 診察科 ===
{{Div col}}
* [[内科学|内科]]
* [[神経学|神経内科]]
* [[麻酔科学|麻酔科]]
* [[口腔外科|歯科口腔外科]]
{{Div col end}}
 
=== 専門外来 ===
 
== 交通アクセス ==
* [[名鉄一宮駅バスターミナル|名鉄一宮駅]]又は[[東海旅客鉄道|JR]][[尾張一宮駅]]前より、[[名鉄バス]]“宮田本郷”“川島”で「市民病院前」バス停下車。
* [[i-バス]](一宮市循環バス)で「市民病院」バス停下車。
 
== その他 ==
*[[一宮市]]の市民病院は、旧[[木曽川町]]、旧[[尾西市]]の公設病院も取り込んでおり、合併当初は4箇所の病院が存在した。民間への譲渡が進み、2009年4月現在、一宮市立市民病院、[[一宮市立木曽川市民病院]](旧:木曽川町立木曽川病院)となっている。
 
== 脚注 ==
 
== 外部リンク ==
* [http://www.municipal-hospital.ichinomiya.aichi.jp/ 一宮市立市民病院]
 
{{愛知県災害拠点病院}}
匿名利用者