「東京新聞」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (→‎脚注: +Notelist2)
m
 
== 歴史 ==
[[1884年]]([[明治時代|明治]]17年)に東京・[[京橋 (東京都中央区)|京橋]]で「'''今日'''(こんにち)'''新聞'''」として創刊されたのが始まりである。[[1886年]](明治19年)には「'''都'''(みやこ)'''新聞'''」と題号を改めた。福田英助が経営にあたって以降、社会面や花柳・芸能界の話題、そして市況情報や文芸欄を充実させる等大衆を重視した紙面作りで部数を伸ばし、優良経営を誇った。しかし、戦時体制下は国策に沿った「一県一紙制」により[[1942年]][[10月1日]]、「'''[[國民新聞]]'''」(こくみんしんぶん、[[1890年]]創刊)と合同して「'''東京新聞'''」が夕刊紙として創刊<ref group="注">ただし、[[内務省 (日本)|内務省]]主導の合同交渉はもつれ、翌[[1943年]]8月に漸く新会社([[東京新聞社|社団法人東京新聞社]])が設立された。</ref>。{{main|都新聞#軍部による圧力、そして統合へ}}
[[1955年]]新聞販売競争の中、付録として「週刊東京」を刊行(翌年、独立の[[週刊誌]]として本格発行)、また[[1956年]]3月23日から朝刊を発行する。これら一連の拡大策が裏目に出て業績が悪化。また、國民新聞の路線であった右寄り路線<ref group="注">東京新聞創刊以降、一貫して主導権は旧都新聞側が掌握しており、本来國民新聞の路線であった右寄り路線を推進した社長の[[福田恭助]]も都新聞の出身であった。</ref>の強かった紙面が当時の都市住民に受け入れられずに経営不振となり、[[1961年]]株式会社東京新聞社に改組した。[[1963年]][[11月]]、[[名古屋市|名古屋]]の'''中部日本新聞社'''(現在の'''[[中日新聞社]]''')が経営に参加(業務提携)し、[[1967年]]には中部日本新聞社に事業を譲渡する。
 
なお、中部日本新聞社は[[1956年]]に東京・[[内幸町]]([[日比谷]])に'''東京支社'''を開設し、[[スポーツ]]・[[芸能]][[ニュース]]などの大衆紙「'''東京中日新聞'''」(現・東京中日スポーツ)の発行を開始していた<ref group="注">[[1958年]]代表取締役社長の[[与良ヱ]](よら あいち)は[[産業経済新聞社|産経新聞社]]の副社長に僅か1年間ながら請われて就任している。また、これにより[[フジサンケイグループ]]との関係もこの頃から始まっている。</ref>。{{main|中日新聞東京本社#概要・歴史}}
中部日本新聞は当時、[[読売新聞]]と報道協定を結んでいたが、東京新聞の経営に関わることになったため、読売との協定を解消した<ref group="注">読売新聞が、他の全国紙と違って中部地区への進出が遅れていたのはこの協定の存在も要因である。その後、1974年に読売新聞は系列紙「中部読売新聞」の創刊によって中部地区へ進出している。</ref>。そして、中部日本新聞東京支社と同じ日比谷に本社・編集部があった東京新聞を傘下に収めることで、本格的な東京進出への礎石を築いた。[[1965年]]5月には東京都港区港南二丁目の[[品川駅]]港南口に東京の拠点となる新社屋が完成した。
 
[[1967年]][[9月30日]]、中部日本新聞社が東京新聞社の東京新聞の発行と、編集・販売などそれに付帯する一切の業務を譲り受けた。翌日の10月1日付から「東京新聞」は中日グループの関東地方の基幹紙として再スタートを切った。これ以降、東京新聞社は商号保全のための[[休眠会社]]として中部日本新聞社→中日新聞社の傘下で法人格のみ存続している。尚、東京新聞社には合併以前にも、東京新聞の前身の一つである「'''國民新聞'''」に、これまた中部日本新聞社の前身の一つである'''新愛知新聞社'''が、東京新聞成立時まで経営に携わっていたという経緯がある。
2011年3月10日より[[吉瀬美智子]]が主演のCMに変更をした。吉瀬と[[松尾貴史]]の競演CMも流れる場合もあった。その後、女優の[[米倉涼子]]の出演バージョンを経て、2016年3月からは、お笑いコンビ・[[ピース (お笑いコンビ)|ピース]]の[[又吉直樹]]と元[[宝塚歌劇団]]で女優の[[遼河はるひ]]が出演したCMを経て、2017年度は女優の[[杉咲花]]とお笑いコンビ・[[ドランクドラゴン]]の[[塚地武雅]]が共演するCMが放送されていた。2020年2月現在は[[タレント]]で[[ジャーナリスト]]の[[モーリー・ロバートソン]]が出演しているバージョンが放送されている。
 
テレビCMは[[TBSテレビ]]・[[フジテレビジョン|フジテレビ]]・[[テレビ朝日]]・[[テレビ東京]]や[[東京メトロポリタンテレビジョン|TOKYO MX]]・[[テレビ神奈川|tvk]]・[[千葉テレビ|チバテレビ]]・[[テレビ埼玉|テレ玉]]で、ラジオでは[[TBSラジオ]]・[[ニッポン放送]]で流しており、チバテレビなど、各地域で最後が少し異なるバージョンのものが放送されている<ref group="注">TBSは中日系の[[CBCテレビ]]、フジテレビはCBCと同じ中日系の[[東海テレビ放送|東海テレビ]]のそれぞれ[[キー局]]である。また、[[テレビ東京]][[TXN|系列]]の[[テレビ愛知]]は、[[日本経済新聞社]]と中日新聞社の合弁企業である。ちなみにCBC・東海テレビ・テレビ愛知の3局では、[[中日新聞]]のCMは2009年現在は放送されていない。</ref>。
 
2004年9月に、創刊から満120年を迎えた<ref group="注">「今日新聞」より紙歴を数えている。</ref>。
 
2006年10月1日に本社を、中日新聞が最初に東京に進出した地である日比谷の日比谷中日ビルに移転(それまでは日比谷分室だったが、施設拡充を行い編集・事業の全ての部門を集約)し、それまでの本社([[港区 (東京都)|港区]]港南)は品川分室となった。その後2008年9月に社屋の老朽化により閉鎖され、跡地には中日新聞社主導による再開発ビル「[[品川フロントビル]]」が2010年秋に完成した。
 
[[2011年]][[4月1日]]、[[朝日新聞社]]と[[中日新聞社]]グループの相互委託印刷提携により、[[川崎市]]周辺を中心とした地域の新聞を朝日新聞グループ会社の「[[朝日プリンテック]]・川崎工場」に委託印刷することになった。なお、この逆で[[中日新聞北陸本社]]が発行する[[北陸中日新聞]]の印刷拠点である[[金沢市]]の幸工場で、[[北陸地方]]向けの[[朝日新聞]]([[朝日新聞大阪本社|大阪本社]]版<ref group="注">[[富山県]]は輸送の関係でそれまでは東京管轄だったが、今回の受託印刷開始で大阪管轄に変更された(約22年ぶりに大阪管轄に戻った)。</ref>)の受託印刷が開始された。
 
2012年12月1日、[[福島市]]に福島特別支局を[[福島民報|福島民報社]]4階に開設。中日新聞系列で新聞を発行していない地域での開設は京都支局と同福島特別支局のみ。東北地方で初めての支局であり、中日新聞社系列の取材拠点として機能する。
* [[群馬県|群馬]]版
* [[静岡県|静岡]]版([[静岡市]]より東の市、町<!--静岡県に2017年現在「村」はない-->)
: ※上記以外の静岡県の市、町(概ね[[焼津市]]、[[藤枝市]]より西)は[[中日新聞東海本社]]([[浜松市]])発行による中日新聞の配布エリアになる。ただし、静岡市と[[富士市]]、[[富士宮市]]は東京新聞・中日新聞両紙の配布エリアとなっており、両紙を取り扱う[[新聞販売店]]が存在する。<ref group="注">「静岡版」は、[[中日新聞東海本社]]が編集したものを東京本社で紙面制作しており、中日新聞東海本社版における静岡県内記事のダイジェスト的な紙面構成になっている。</ref>
 
== 番組表 ==